2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月は2回の抽選を終えたところで、2月に強い数字がまだ不発気味です。多い順に本数字7回が06,10,17,19,30,36で、この中から17だけが出ました。17,30,36といえば総出現回数のトップ3ですから、2月だけ特に強い訳ではなさそうで。残りの06,10はコールド、19は間隔3で残っていて、次回出る方が面白いでしょうね。13,22,43が今月出ていることから同時出現が多い06,10はコールドでも気になります。06は6倍数として、10は下一桁0が浮上する頃で何となく嫌な予感も。

続く本数字6回が11,12,33,38の4個。11,12は予想数字12個に含めました。33は間隔2に強いだけに迷います。38は前回の39の-1数字。昨年から伸び始めて、ほどほどの間隔で出ているのが怪しい。これも何となく嫌な予感。

暦を読むのも難しいですね。単純に多い数字を買うべきなのか、平均付近を狙うべきなのか・・?2月に各2回しか出ていない01,05,32の3個。今年も出ないとコールドの理由付けができて面白そうです。

予想とは別に暦からは06,10,33,38を1口買ってみます。暦の見方を変えて昨日から魚座に入ったと見ると・・19がダントツですな。矢張り次回なのかなぁ?

キャリーオーバーがある抽選回で強いのは本数字で22回の11,20,37の3個がトップ。どれも予想数字12個に入っていますね。次点で本数字21回は03,17,29,42の4個。17,29も予想数字に入っています。予想数字以外から完全削除で選ぶなら03と42しかありません。

03,06,10,33,38,42

コールド3個、しかも同色球が第3列から3個の変則的な組み合わせが出来上がってしまいました。さらに03は本数字間隔4での当選が過去にはありません。大穴狙いかも知れませんな。

自分で予想した数字が完全に外れる前提なんて・・決して気分良くはありませんが、お遊びで1口だけ買ってみましょうかねぇ。

実購入は推奨組5口とお遊び1口、それに4口加えて合計10口購入予定。今夜のサッカーを見ていたらオカルト数字が思い浮かぶかも?

皆様には幸運を!
スポンサーサイト
予想方法アレコレVol.4
2007-11-03 Sat
19:28
ゲイル理論で有名な『ロトマスター』を、このカテゴリーで紹介するという記事を書いてから一ヶ月が経過してしまいました。その間、著作権に関わる調査に半月、さらに別の予想記事を書いている内に、また半月。いい加減、記事をまとめようと決心し、改めて著作権者(正確には日本での独占実施権保有者かな?)の『ロト総合サイトsmartluck』を覗いてみると・・唖然。

書籍の要約が無料サービスのページにも惜しげもなく公開されていることに初めて気付きました。ここまで公開されていると、私がわざわざ書籍の内容を紹介しても意味がないような?気がしますので、この記事では書評というよりも、私個人が思ったままを感想として記すことにしました。

10/5の記事に書いた通り、『渦の目夢ソフト?』という予想ソフトに好不調の波があると知った私は、今度は好不調の波とは無縁の予想方法がないものか、と誠にムシのいい欲深い願望を腹の中に秘めて情報収集に精を出していました。

そんな時、写真週刊誌『FLASH』でゲイル理論による予想記事に出会い、"ロト6激当てサークル"と喧伝された『スマートラック・ジャパン』と理論の提唱者であるゲイル・ハワード女史の著書『ロトマスター』の存在を知りました。理論の紹介文によれば、確率統計を駆使した"世界最強の理論"とか。

こういう宣伝文句に極めて弱かった私は、すぐさま複数の書店を捜し歩き、ようやく『ロトマスター』を見つけました。『ロトマスター』は正確には『ロトマスター1 幸運の数字組み合わせ』と『ロトマスター2 幸運の数字選び』の2冊に分かれています。

見たところ、数字選びの方が先と考え『ロトマスター2 幸運の数字選び』を購入。早速、約20種類のチャートをエクセルで作成し、予想に役立てようと試みましたが・・。

結論を先に言ってしまうと、書籍を読んだだけでは、実際の当選に結びつけるのは難しい。チャートを作成し、杓子定規に数字を選んでも必ずしも当たらない。
続きを読む...
予想方法アレコレVol.3
2007-10-05 Fri
23:17
『LOTO6高確率当選術』で体系化されたデータ分析に出会い、『独り言ロト6予想』でより本格的に数学を駆使したロト6予想法を確立しようと目論んでいた私は、大きな挫折を味わいました。

その結果、中途半端にデータ分析をして、運良く五等に当たる機会さえも逸するという悪循環に陥りました。今思い出しても、本当にこの頃はツイていませんでしたね。

それで、データ分析は棚上げして、毎週クイックピックで5口買ったり、売り場に向かう道中で見た車のゾロ目ナンバー(23-23とか)に頼ったり、人様の誕生日をチェックしてみたり、と気が付けば運頼みの買い方に逆戻りしていました。それでも当たらない。

何か変化を求めていた時、ウェブ上に予想ソフトが公開されているのを知りました。『goo』のダウンロードページで、ロトのカテゴリーにアクセスすると、フリーソフト&シェアウェアが当時150種類近くも紹介されていました。

あまり高価なものには手が出そうもなかったので、フリーソフトを中心に説明やレビューを読んでみましたが、何かピンとくるものがありません。そう、殆どのソフトに「当選実績」を強調した説明がなかったからでしょう。

そんな中で、「ヤフーオークションで人気爆発」「初心者でもクリックだけで簡単操作」という宣伝文句が目に留まりました。シェアウェアの『渦の目夢ソフト?』とあります(※現在は掲載されていません)。説明やレビューを読むと、相当数のユーザーが「買ってよかった」「大満足」と高く評価しています。

それ以上に、私の買気を煽ったのが、過去の当選履歴でした。「二等的中」「三等的中」という景気いい結果が目白押しです。その時は、それが何を意味するかを考える余裕はなく、即座に購入を決めて申し込みました。

送金後3日ほどで、ダウンロードの案内が届き、入手することができました。ソフトはエクセルで作成されていて、操作は簡単です。抽選結果を入力した後、メールで毎週送られてくる『渦の目? メタ分析レポート』に従って、「強運組」を決めて入力する。これだけです。自動的に5口の買い目がシートに表示されます。但し、RAND関数で返した乱数が使われているため、この5口は入力毎に入れ替わり、ユーザーの誰もが全く同じ組み合わせになる心配は無用です。

「どういう仕組みか分からないが、こんなに簡単な計算で本当に当たるのだろうか?」と疑問に感じてはみたものの、早速その週の抽選で、表示された5口を買ってみました。結果は自身初の4等が2口で約2万円の当選金を手にすることができました。ソフトの価格は確か5,000円程でしたので、一度の抽選で元が取れ、かなりかなり興奮したのを覚えています。翌週も5口買って四等と五等が各1口。

こうなると、何故当たるか?好奇心が頭をもたげます。表示される「強運組」その他には、見たところボーナスも含めた過去の当選数字が無造作に羅列されているようにしか見えません。さらに過去に遡ってしつこく「強運組」を分析している内に、ある事実に気付きました。無造作に羅列しただけに見えた数字群が、一定の法則に従って配分されていたのです。

『渦の目夢ソフト』の開発者は興銘(ある時は興健と名乗っている)さんという、どうも理工学専攻の留学生だった方のようです。正確なプロフィールは謎です。興銘さんが発見して、ロト6予想ソフトに応用した法則、それが「強運組」の正体でした。

しかし、私がそれを公開してしまっては、知的財産権を侵害して、もしや興銘さんから訴えられるやもしれません。そのものズバリは遠慮しますが、誰が見ても気付く範囲なら「公知」であって公開しても差し支えないでしょう。要するに『渦の目夢ソフト?』は「過去数回以内にボーナスも含めて当選した数字を並び替えて組み合わせる」ソフトだったのです。

そして、特定の法則に従って予想数字を算出するソフトには、必ず好不調の波があることも補足しておかなければなりません。私も二週連続の四等当選にありついた後は、暫くの間、ソフトによる予想が不調だと感じていました。毎週送られてくる『渦の目? メタ分析レポート』には、好不調の波によって5段階にランク付された「お勧め購入規模」が添えられているので、調子が悪い時期には買い控えることもできました。

この便利なサービスも今年の3月で終了し、さらにグレードアップした『金龍伝説・ロト6編』に切り替わりました。『渦の目夢ソフト?』にあった好不調の波などの欠点を極力解消したソフトで、予想精度も格段に高くなりました。『渦の目夢ソフト』にはミニロト版を含めて色々なバージョンがあるようですが、『金龍伝説・ロト6編』が目下、私の一押しです。

さて、ソフトに興味を持たれた方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら、これがどこで入手できるのか、私には見当が付きません。一度、『ヤフーオークション』に出品されていたような。勿論、ここで紹介して、私にマージンが入るというものではありませんので、購入したい方は『渦の目夢シリーズ』からお問い合わせ下さい。買えるかどうかは保障しかねます。

『予想方法アレコレ』次回はゲイル理論で有名な『ロトマスター』を紹介します。

こういう予想方法もあります。ロト6、ナンバーズを高確率で当てた秘密・・・
予想方法アレコレVol.2
2007-09-30 Sun
14:28
データ分析に開眼し(?)、各データを数学的に解析するのに興味を持った私は『LOTO6高確率当選術』の管理人KENさんが参考サイトとして紹介していた北海道総合住宅企画(HJSK)さんの『独り言ロト6予想』に足を踏み入れました。

トップページの中に「根拠となる数学的確率論だけが不変であり、少なくとも一等の確率は確実に有ります」とある通り、このサイトは一級建築士(で間違いないと思います)を本業とされている管理人さんが数学的理論を駆使して、ロト6予想に挑もうという、誠に興味深い内容です。私も不肖理系出身者で、数字をイジるのが好きな方ですが、こちらの管理人さんには、とても敵いそうもありません。

サイトをご覧になると分かりますが『独り言ロト6予想』では「過去のデータに共通する項目を見つけて予想しては、いけません」「過去の単なる偶然に共通する予想方法では、いけないことが解っていただけたら幸いです」と、これまで一般的に認知されてきた一部の予想方法を強く否定しています。具体例として「周期法」「消去法」「仲良し番号法」が「これにだけは手を出しちゃいけない」方法として挙げられています。何かショックを受けたような・・・。

では「手を出しちゃいけない」方法に代わる確率論とは、どういうものでしょうか?一言でいえば、43個の数字から6個の数字を抽出した場合の全組み合わせ6,096,454通りと、これまでの抽選結果から得られたデータを比較して、収束すべき方向(つまり次に当選すべき数字)を数学的に計算する方法です。

さて、ここが確率論を予想方法として受け入れられるか、単なる難解な理論の一つとして敬遠してしまうかの、大きな岐路になります。結論から先に告白してしまうと、興をそぐかもしれませんが、私は好奇心のなせる業か、さらに奥にまで足を踏み入れていきましたが、最終的にはドロップアウトしてしまいました。

このサイトには無料で閲覧できる一般用ページと有料会員専用のページがあります。私は元会員でしたが、結果が伴わなかった他、色々と思うところがあって一年で退会しました。会員になると、どのような特典があるのか、問題ないと思われる範囲で紹介しますと、第一に一般用ページよりも精度が高い方法で予想して◎○の個数によりランク付けされた数字が公開されています。また、入会すると、エクセルで作成された予想ソフト(自動判定表)が配布されます。会員はこのソフトに当選結果を入力して、各種データ項目が反映された図表を見ながら、理論を把握し予想につなげる訳です。疑問があれば、解決を図るための掲示板もあります。不定期ながら、チャットで有望な予想数字を会員同士で披露し合う場もあり、古参会員が参加した時は「一等が当たるんじゃないか?」と思うくらい切れ味鋭い意見交換もしばしばありました。さらに、管理人さんの予想レベル(要はとても高度な確率論)で作成された特別なソフト『LOTO6・HJSK』が数量限定で販売され、確率論をより深く理解する道も用意されています。勿論、このソフトを購入しなくても、一般用ページでは公開されていない一部の詳細なデータも会員専用ページでは閲覧可能です。

さて、一般用ページの内容も数学アレルギーの方には「ちょっとね・・・」と敬遠されてしまいそうですが、43個の数字を6分割したパターン分析データ、過去の当選回数から分析したお勧め数字、当選数字を昇順ソートした場合の各枠出現順位あたりは理解しておいて全く損はありません。そして「(当選数字)6個中3?4個は、平均化しようと確率通りに出現し、2?3個は平均化から離れようとして出現するのではないか」という仮説の下に確率論で予想しているのだという点も押さえておく必要があるでしょう。

「それさえも苦痛だ!」という方は『お勧め数字とブロックごとの総出現表』のページから、◎が付いた数字を参照するに留めることをお勧めします。キャリーオーバーの回は会員専用数字が公開されることもあります。

私が一年で退会したのは「どのようなプロセスで予想をしているのか理解ができなかった」のが正直な理由です。予想された数字が、どういった計算で◎になったり○や△×と判定されているのか理解するのに一年では無理があったのか、必然的に落ちこぼれたのか?いずれにしても、もう少し頭に負担が少ない方法に逆戻りしつつあった私は、今度は自動的に買い目を教えてくれそうな予想ソフトに興味を持ち始めました。そんな時に出会ったのが『渦の目夢シリーズ』というソフトでした。

同カテゴリー次回の投稿に続きます。

こういう予想方法もあります。ずばっ!予想ロト6
予想方法アレコレVol.1
2007-09-22 Sat
23:01
記念すべき第一回目の予想方法でご紹介するのは、ロト6予想サイト
『LOTO6高確率当選術』
さんです。

私が予想サイトの記事に興味を持って、フラフラとネット上を徘徊し始めた頃、ふとテーマが目に留まったので、早速覗いてみました。このサイトでは「高確率当選フィルター」という数多くの数字選択基準とデータ項目を紹介しているのが特徴です。

まあ、ある程度データ分析を重視するようになった方なら、お馴染みでしょうが、下記のようなフィルターが紹介されています。

1.引張・復活数字の捉え方
2.直前10回未出現数字の捉え方
3.低数字・高数字の捉え方
4.奇数・偶数の捉え方
5.素数の捉え方
6.3の倍数の捉え方
7.組合せ合計数の捉え方
8.過去当選数字±数字の捉え方
9.連番数字・飛び数字の捉え方
10.当選数字6分割の捉え方
11.下一桁数字の捉え方

それまでの私は、データ分析には割と無頓着で、『ミニロト6研究会』事務局長の石清水正彰さんが日刊スポーツ日曜版に連載していた『ロト6指南術』中の「前回当選のプラスマイナス1数字と過去5回の抽選で出た数字を中心に狙う」という考え方を実践していました。この連載はデータ分析と過去の出目に共通するジンクスのような傾向分析を取り入れた内容でしたが、紙面が限られているため、体系化されたデータ分析まではカバーされていませんでした。

そんな時に上記『LOTO6高確率当選術』のフィルター11項目に出会いました。今となっては、データ分析に必須の項目が多く提案されていますが、特定の数字に狙いを定めるよりも、6個の数字を組み合わせる際に大いに役立っていたように感じます。

『LOTO6高確率当選術』
では「高確率当選組み合わせ自動作成シート」というエクセルファイルを販売しています。私も購入してみました。内容は過去の抽選結果から●自動判定による削除数字の抽出●高確率当選フィルターによる候補数字の絞り込み、●各数字の当選回数からの絞り込み●組み合わせの秘訣の4段階に分かれていて、この内、第一段階の自動判定による削除数字の抽出は精度が高いようです。

ただし、難点も。過去の抽選結果を含めたデータ入力がほとんど手入力なので、エクセルに不慣れな方には不便かもしれません。それでも救いがあるのは、このサイトの管理人KENさんは、とても生真面目で誠意がある方です。質問をすれば、数日中に必ず返答してくれます。興味がある方はお試しになってみては・・・。

ここで体系化されたデータ分析項目に出会った私は、次第に確率統計を駆使した予想方法に興味を深めました。次に出会ったのは北海道総合住宅企画(HJSK)さんの予想サイト『独り言ロト6予想』でした。

同カテゴリー次回の投稿に続きます。



こんな予想方法もあります。
ロト6完全攻略!6桁中平均4桁的中の秘法!4ヶ月で200万当選!驚くほど簡単で、○○するだけ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。