2008 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予想数字12個
08,12,14,17,20,22,23,28,31,35,39,41

本数字で12が1個だけ的中。
不調から抜け出せないまま5月は終わりました。うーむ・・。

従来通りの方法で予想するには時期が悪いように感じています。同じような考え方で数字選択するにしても、もう少し研ぎ澄ますというか、勘を働かせなければ、進歩はあり得ない。

抽選前日になって「間隔と同じ数字」から05と09を思いついたのがせめてもの救いでしょうか。それにしても、勘が鈍い。

実購入の方もビッグキャリーと最近の不振に何か気圧されたかのように5口だけ購入して当選なしに終わりました。これで、今年に入ってからの収支は-\21,000に。5か月終わった段階では例年にない負け幅。ま、6月を\30,000負け程度で折り返せれば、取り返すチャンスありと目論んではいます。

1等が6口というのも分かるような。
素直に選べば良かったねぇ。
不振続きで考え過ぎなんでしょうね。

次回は本数字間隔でのコールドが10個に。
どうも流れを読み切れていません。

それでも年後半の回復に期待して。
今はじっと我慢、我慢。
この程度の壁では投げ出しませんよ。
スポンサーサイト
過去2回の予想失敗・全削除が原因で、今回の予想もあれやこれや試してかなり弱気になっていました。ま、明日でロト6が終わる訳でもなし。強過ぎる「当てよう。当たりたい。」意識を薄めて、「もし、購入しなければ」という前提で、頭を冷やして考え直してみました。

肩の力を抜いても、相変わらず様々な妄想やら先入観が邪魔をしてくれます。しかし、狙う数字を6個に絞り込めば良いだけの話なんですよね。

よくよく見ると、「数字と同間隔」という奴がどうも気になり出しました。つまり間隔5の05と間隔6の06と間隔9の09ですね。意外性よりも、むしろ出る時は出るパターンです。ごく最近のことかと記憶していたつもりが、第345回ですから昨年の5月31日。もう一年も前の抽選だったんですね。結果は10,21,22,25,35,37,B18で間隔21から21が、間隔22から22が出ました。

この時は「あわよくば」を狙って、4等をせしめたと記憶していますが、丁度一年経ったところで再現なるか?

間隔5-6-9を狙うのならば、残りは間隔0、つまり連発からのペアと間隔1あたりが有望かな?具体的な数字は、もう一晩コソッと考えます。

連番は本数字だけでも6回続けて出ています。過去の最長記録は7回連続とか。今回出るかどうかは五分五分といったところ。

それよりも、一つだけ確信に近いのが14分割データから見た分布。01?03、04?06のように数字3個ずつで区切って、最後の40?43のブロックだけが4個になるデータです。前回の抽選で出なかったブロックから今回出る個数は平均で3.2個程度(本数字のみ対象)。ところが、前回は久々に1個しか出ませんでした。という訳で、ブロックをまたいでの±1数字やブロック中央の数字±2は要注意です。

この14分割データの解釈は数字の絞り込みよりも、むしろ組み合わせる際に有効に使えます。私個人が俯瞰した印象では22を境にして上の数字が4個以上は出ないように感じています。6数字合計が各々3回ずつ続いた140台と170台の大きめ傾向から徐々に小さめにシフトしていくのでは?

抽選前日にしてはお寒い限りですが、結論としては05,06,09は買ってみる、と。あとは変な欲をかいたりしないで、数口買ってみることにします。

皆様にも幸運を!
ここ2回予想が絶不調です。そこで、あれやこれや手を出してみようとしていますが、忘れた頃に狙い通りが出たりすると癪なんで、いつも通りの予想をします。半分はその裏を買うという前提で。

先ずは過去10回の間隔分布を(黄色はボーナス数字)。

間隔

出現個数

残っている数字

10個

15,21,26,28,39,42,43

5個

14,18,27,31,37,40

7個

07,35,38

8個

10,11,30

6個

08,20,23,24,29

7個

05,16,17,22

3個

06,12,25

3個

02

4個

19,32

0個

09

間隔4と5に数字が多く残っていますね。間隔1もボチボチ回復してきました。さて、ここからが迷うところ。

意表を衝いて間隔ダブルを漏れなく狙います。17,23,28,31を選択。28は3回連発を期待して。17と31が出ると、本数字出現回数ではトップに並んでいる36を追い抜くことに。

特定の間隔に強い数字からは12,14,20,22,35,41を選択。20は前述したように第5週抽選に強いジンクスを重視。41は間隔11のコールドですがね・・なぜか間隔11に強い。しかも前回21が出たんで。

ここまでの10個でまだ0番台が出ていませんね。01はまだ早いように感じるし。敢えて選べば08かなぁ。08を選択。今回は0番台3個以上の妄想は無視します。

残りの1個はターザン007さんのブログ『夢計画実行委員会』の秘蔵記事から下一桁9を物色。うーん・・。抽選日数字の29は過去2回かぁ・・。39は出過ぎているような?19は次回に持ち越した方が良さそうで・・。間隔9が不振に入り始めたところでポツンと1個だけ残っている09を買うべきか?09も次回に見送った方が良さそうで。迷ったところは「平均以上を買うべし」で39を選択。これで12個出揃いました。

予想数字12個
08,12,14,17,20,22,23,28,31,35,39,41

変な先入観は排除できたようですが、どうも意外性に欠けているような。

今の時点で「これは必ず買う」と断言できる組み合わせが思い浮かばず、今回は推奨組み合わせの公開は回避させていただきます。

日曜日から積み重ねてきた下準備も合わせて、もう一晩寝かせてみて、思い浮かんだところを明日改めて追記する予定であります。
先週の第395回抽選を『宝くじドリームステーション』が配信している動画で再生してみました。

某サイトで提唱されているセット球予想や「リハーサル数字は本番では出ない」説に興味があるようなないような。

セット球予想については「とにかく多く出現している数字を買うべし」式の意見には些か賛同しかねていますが、これはこれで抽選結果に全く無関係とも思えず、セット球が現在の材質に変更された第138回以降の統計を調べたりして、参照するようになりました。

ロト6の抽選結果がランダムかどうかについては意見が分かれるところですね。単純に各数字の出現回数をカイ二乗検定して、帰無仮説が棄却される結論から「やはりランダムといえないのではないか?」と疑う向きがあれば、そもそも試行回数が400回にも満たない段階でランダム性は議論できないとする主張もあります。私自身はどちらかといえば、後者の意見に賛同しています。

前者の意見にしばしば補足説明されているのが「人為的な偏り」の発現です。抽選が実施される条件、或いは環境を云々し出すとキリがないのは確かでしょう。現実問題として、全てが同じ条件、環境で実施される抽選なんて一度もあるはずがありません。ましてや人間の操作によって行われる抽選であれば、なおさらです。問題はこの「人為的な偏り」を主催者(胴元)側が意図的に演出できるか否かでしょうね。

最近になって相互リンクをお願いした栞さんのブログ『ロト6しよっ!!!』の結果報告記事に「ボールを摘出するまでの時間が普段より長過ぎたのが抽選結果に反映されたのではないか」と怪しむ旨の記述を拝見して、先の動画を注意深く観察しました。

うーむ・・。確かに1個目が摘出されるまでの回転時間だけが異様に長いような?2個目以降に比べると明らかに、時間にして3倍以上は長い。

これまた、某サイトでは「摘出ボタンを押す行員が、ボタンを押すタイミングで出玉を操作している」と声高に主張しているのを見かけましたが、「マジシャンじゃあるまいし・・狙い通りのボールを出すなんて無理だろう?」と私は考えます。

とはいえ、これだけ摘出のタイミングをずらされると「何か意図があるのでは?」と疑いたくなるのは人情ってもんですね。それ以上に摘出を担当する行員によって、セット球と同様にある程度の偏りが生じたりしているとすれば、やがては無視できなくなるやも知れません。

予想下準備のための記事にするはずが、とんでもない方向に脱線してしまいました。

抽選が実施される条件や環境は事前に把握できないだけに予想に役立てるのが難しい。その中でも、比較的把握し易い上にデータ化されている要素がセット球なので、できるだけ予想に役立ててはどうかという趣旨のご意見もごもっともという気がしてきました。まさか、摘出担当の行員別にデータを集めている方はいないでしょうな?

セット球にはさほど執着していなかったため、第396回にどのセットが使われるのか?セット毎にどんな数字が有望なのか?私には皆目見当がつきませんが、このところキャリーオーバーになり易かったAセットをイレギュラーなローテで使ってくるのでは?なんぞと妄想しました。

直近では第390回に使われました。まだまだ数字が多く残っている間隔5ですね。左脳で考えれば、01,20,28,34,38,42あたり。右脳で考えるのは苦手。例によって芸がない45度の斜線から判断すると、線形写像では05,17,18,24,30,31,37,40あたり。
第138回以降Aセット使用抽選

「いやいや、それは甘うござるな。順当ならCセットのはず」という専門家のご意見通りであれば、左脳では01,08,22,24,41,42と判断。右脳では・・22以上のD(22?28)、E(29?35)、F(36?43)の抜けがかなり目立っているように見えますね。12,15,19,22,24,34あたり。
第138回以降Cセット使用抽選


こんな一見無駄に思えるような作業からも暗号を解くカギが見つかるのかも?今暫く観察を続けた後に、明日の晩には当面の予想数字12個を公開する予定です。
号外記   CM:4    TB:0  
6分割削除枠の分布表から直近約30回(第364回?第395回)の線形写像を調べてみました。といっても、私は右脳を使ってイメージを把握するこういう方法が極めて苦手です。そこで、取り敢えずは45度の斜線を張り巡らせて、観察することに。

直近約30回の分布表

ん?右下の方に1本おかしな線がありますね。
ま、この程度はご容赦を。

見たところ、斜線の交点から本数字6個全部が出るケースは稀な模様。

第396回の交点になるのは05,20,25,29,30,35,38,39,41あたり。やたらと5倍数が多いですね。第395回は7倍数が3個出ました。今度は5倍数とか?ここから2?3個程度かなぁ?

20は第5週の抽選に強い数字らしい。

まだ決めるには早いんですよねぇ。もう少し他のデータも見てから・・。
号外記   CM:3    TB:0  
予想数字12個は2週連続で全滅。

ふ?む・・。先週はしょんないとしたとして、今週は情けない。

同じような数字選択では当たらない時期があると改めて痛感しました。

同色球の組み合わせが3:2:1。6分割の組み合わせでは理論上3%程度しか出現しない2:2:2の変則パターン。本数字間隔でのコールドが3個。3週連続で6数字合計が170以上。難しいは難しい結果ながらも、1個も当てられないのではいけませんな。

ブログには書けないところで、どうも先入観が強い数字があって、予想に反映されてしまうと偏った数字選択になってしまう。薄々気付いている私の欠点ですが、次回はこれを何とかしなければ。

新たな予想方法の研究も中途半端で結果が出ないまま。このままではいけない。

変な欲を出す前に、よくよく考え直します。
過去10回の本数字出現回数
5回1個31
4回1個37
3回3個12,18,27
2回14個05,06,14,15,16,20,22,23,25,30,35,38,40,43
1回14個02,07,08,09,10,11,17,19,24,28,29,32,34,39
0回10個01,03,04,13,21,26,33,36,41,42

31を予想数字12個に含めたのは失敗だったかな?と思わせるくらいの快進撃。一気に17と36を抜き去って首位に立つのか?現実問題として、10回中5回出るだけでも確率上出てはいけない数字に入れられるのは分かってはいるんですが・・今回出ても10回中5回は変わらない訳で・・可能性はありかと。

で、あまり想定したくはない予想数字が外れたケースの考察です。今回の予想は数字の勢いを重視しました。想定外で最も容易に思いつくのはばらつく傾向も一段落の場合。

目ぼしいデータの中にスーパーホットナンバーというのがありました(説明はコチラ)。過去2回で計9個出現して、過去10回では26個、つまり1回当たり2.6個平均に上がっています。これを狙えれば良かったけど・・こんなに一気に出るとは想像できなかったんで・・。

今回は18個発生しています。
05,07,11,14,15,16,18,20,22,23,27,28,30,31,35,37,38,40

過去10回抽選の結果を参照するデータですからコールドが入ることはありません。

うーん・・どうなんでしょ?18個もあれば、本数字で3個くらいは出るのでは?ばらつく傾向も一段落するなら狙いは07,14,15,16,20,22,23,28,35,38に絞り込めそうです。崖っぷち数字の23と28が入っていますね。ひょっとして、これかな?大穴で14,15,16の3連番を買ってみるとか・・。好調下一桁7の07と下一桁0の20も何となく捨て難い。間隔0と4のペア狙いはどうでしょうか?

さて、私の妄想予言がその時には当たらなくとも、近未来には現出することが過去度々ありまして・・。4/23にはご丁寧にも確率計算した理論値との比較表まで掲載して前回からの3個連発を妄想していました。ボーナス数字込ながら先週の第394回では18,27,37が3個連発・・。

その後、4/30の第392回予想追記では3連番を妄想。一週間後の5/7の第393回予想追記では0番台3個以上を妄想。どちらが出ても想定外になりそうで・・。裏も考えておかなければ。

ま、キャリーオーバーだからといって変な欲はかかずに、抽選ギリギリまで精いっぱい考えます。今回は推奨組み合わせ1口の他に10口の合計11口は購入予定。もう少し買いっぷり良くしようかな?今年に入っての戦績が\17,800のマイナスで、11口全部がはずれると、\20,000負けの大台(?)に乗ってしまう計算。うーん・・でも、今回は縛りを少なくして買う予定なので全滅は想定していません。勿論、願わくば3等以上を・・。

皆様にも幸運を!
本日は予想のまとめです。

抽選まで2日を残した段階で、後から後から「あーでもない、こーでもない」が出てくるのは毎週のことですが、一応まとめてみました。

ボーナス数字込で過去10回の数字の分布を見てみると・・(黄色の数字はボーナス数字)。

間隔出現個数残っている数字
10個14,18,27,28,31,37,40
4個07,35,38,43
7個10,11,15,30
8個08,20,23,24,29
5個05,16,17,21,22,39
8個06,12,25
4個02
3個19,32
4個09
1個34

特に絶好調でもない間隔4に6個残っています。別の見方をすれば、間隔3が不振に入り始めているような。間隔5も飽和した印象。狙うなら数字が多く残っている間隔4と連発が続いている間隔0と判断。

具体的な数字選びの前に、前回±1数字データを見たところ、今回は+1数字にヒットゾーンがありません。逆にこのところ複数は出なくなった-1数字からは13,36が有望に。どちらもコールド。しかし13は間隔も丁度13でオカルト的には買いでしょうね。36は間隔16で過去2回出ていることから要注意。

本数字としての出現回数がばらつく方向に進むのなら40-1の39も間隔4から買いでしょうね。13,36,39を選択。その他、間隔4に強い16と22を選択。
17は次回の方が・・面白そうで。

間隔0も悩みます。連発率のヒットゾーン云々よりも数字の勢いが重要な時期なように感じて・・。37の4連発は・・ないはず。27の連発の後隣り合ってL字を形成した28もなさそう。はぁーっ・・「平均以上を 買うべし」で当たり易い時期であるのも無視しかねる。うーん・・残りの5個をそのまま選びます。あとは組み合わせで考慮。14,18,27,31,40を選択。

残りの2個はなぜかこのところ強い間隔8から09と好調下一桁0から10を選択。これで12個出揃いました。

予想数字12個
09,10,13,14,16,18,22,27,31,36,39,40

間隔0から5個も選んでしまうと組み合わせが難しい。ばらつく方向通りであればという前提で1口だけ選びました。前回-1数字のオンパレードですな。

推奨組み合わせ
09,13,14,22,36,39

そのばらつく方向性が怪しくなった場合を想定した考察を明日にも追記します。
今日は本数字としての総出現数と各枠確率順位からの考察です。

本数字の平均出現回数は第394回終了時点で54.98回。今週の第395回が終了すると55.12回になります。ここがひとつのガギなんでしょうね。

現在出現平均の54.98回以上の数字が26個で、平均以下が17個。平均以上の26個の中にはマイナス側に転落寸前の崖っぷちである出現回数55回の数字が5個あります(06,12,23,28,41)。一方で出現回数54回の01と05は今回出てもマイナス側のまま。バランスを考えると、06,12,23,28,41から1個ないし2個が候補に入りそうですね。

ところが、このデータは目下ばらつく傾向にあります。平均に近づく数字を順当に選ぶべきとも言い難い。

下記の表は出現回数平均を基準として4分割した分布です。

+6回以上11個17,31,36,30,39,11,18,37,15,20,27
+0回?+5回15個08,22,25,38,03,07,13,16,35,04,06,12,23,28,41
?0回??5回9個01,05,09,10,19,40,29,26,33
?6回以下8個21,34,43,14,42,32,02,24


平均化していく時期はBとDから4個以上出るケースが多い。第394回はAから18,31,37の3個、Bから27が出てAへ昇格、28はBのまま、Cからは出ず、Dから14が出ました。過去10回の推移でもA>B>C>Dの順。明らかに上位の数字ほど多く出ています。

この傾向を逆手にとって、一気に平均化する流れを読めなくもありませんが、2者択一となると、どちらかといえば、ばらつく傾向の方が強いと見ます。このデータに関する限りAから2個、Bから2個、CとDからは各1個程度と予測。予測した途端に傾向が引っくり返らないことを祈ります。

各枠確率順位についてご存じない方は、『独り言ロト6予想』さんの説明をご参照下さい。要は抽選結果を昇順で並べた時に第一数字から第六数字までの各枠で各数字が出る確率は不変であることを利用して、実際の抽選結果との偏り具合を予想に活用するデータです。

このデータも単独で参照すると、とんでもない予想になったりします。杓子定規な解釈よりもヒットゾーンの見極めが重要な点は、他のデータと変わりません。

例えば、第一数字で圧倒的に足りないのは02ですが、私の解釈では07,10あたり。同様に第二数字は13,16,18あたり。第三数字は15,17あたり。第四数字は17,25あたり。第五数字は31,32あたり。第六数字は36,38,39あたり。

うーん・・このデータは数字の絞り込みに参照するには向いていませんね。組み合わせの段階で意識する程度で。

明日は間隔データ、連発数字、±1数字も参照して、具体的な予想数字12個に絞り込みます。
号外記   CM:0    TB:2  
今年に入ってからの抽選が18回終わったところで、\17,800負けの戦績。
うーむ・・毎回\1,000近いペースで赤が増えている計算ですな・・うーむ。

これではまずい・・ということで、第395回では何とか取り返したいので、最終予想までの過程を日々、備忘録代りに残して勝負に備えます。

先ずは第394回で予想数字12個が全削除になってしまったのと同じ方法で算出した12個。

03,05,06,08,09,16,17,25,30,32,36,40

0番台が多い。どうかなぁ・・?

機械的に計算しただけなので、良し悪しの判断もしかねています。

そこで、このアルゴリズムの好不調の波を見分ける指標を模索中。

総出現数から判断すると、ややばらつき始めている印象。逆説的に考えれば一気に平均化の傾向が現れても不思議はない。

明日は総出現数や各枠確率順位から考察する予定です。
号外記   CM:0    TB:0  
予想数字12個
01,06,08,11,15,21,29,33,34,35,36,43

う?む!深く考えるまでもなく、久々に全削除が成功してしまいました。

ま、今回はお試しでしたからね。しょんないとします。

しかし、安定した予想方法を追求しようと試みている段階でこの結果では心許無い。今一度、シミュレーションを何千回も繰り返して、安定してから再度のお披露目とさせて頂きます。見通しが甘かった点は深く反省。

「勿体無い・・せっかく12個削除ツールが見つかったのに・・」
とガッカリしたあなた、アナタ、貴方・・それはチト違いますぞ。

全く同じアルゴリズムで模擬抽選結果では何十回と本数字6個が的中したりしています。確率通りの計算であれば、全削除になるのは1個的中や2個的中より可能性が低い。

要は今回の間が悪かったという結論です。

この試みの目的は予想数字12個に安定して本数字4個以上を含めること。
そんなに簡単でないのは承知しています。
ただし、やってみなければ分からないでしょう?

今回の結果を振り返ってみると、間隔0(連発)から27と37が本数字、18がB数字で出現。またもや下一桁7が強かった。本数字間隔のコールドからは最後のボーナス数字28が出ました。第一数字が14と大きめになったためか、1等0口、2等も7口しか出ない難しい組み合わせだったのでしょう。

このところ、17,18,31,37あたりが出現回数上位で強くなっているのが気になります。勝組:負組の比率は5:1が2回続いた後の4:2。次回狙えそうなラインが読めてきたような。

実購入では10口で5等が2口=トントンでした。
第394回当選券

しかも当ったのは、当日の朝まで悩んで「これは買いたくないよなぁ」という組み合わせをリスク分散のために敢えて選んだ2口。絶対の確証がない時期はこういうのもありでしょうね。マイナス幅が広がらずにホッと一安心。

そして、今週の出張で購入した店はコチラ↓
新橋駅前売り場

オジサンの溜まり場(んにゃんにゃ紳士諸兄の憩いの場)として有名な新橋駅前です。ジャンボ宝くじでは何度も何度も高額を出しているようですが、ロト6は関係ないようで・・。

本当は相互リンクでお世話になっている『ブレゲの数字選択式宝くじ日記』のブレゲさんに教えて頂いた池袋駅東口のピンクの売り場、または同南口のメトロポリタン近くの売り場というのを見てみたかったんですがねぇ・・。今週も東京駅周辺で終わってしまいました。

「クイックピックじゃないのなら、どこで買っても同じだよ。」
んー?確かにそうかも知れませんね。
ただね・・低空飛行が続くと、ちょいと気分を変えて幸運の売り場で買ってみようかってのも人情じゃないですか。私は占いは信じないけど、気分や雰囲気は大事にする方なんで・・いざ買う段になって、ミソがついたりして当たった試しがありませんしね。当たりそうな雰囲気を醸し出している店で気分良く「当たる」と信じて買うに越したことはない。

次回もそう信じて、キャリーに挑戦です。
今週も迷える前夜の追記です。

今回は予想方法をがらりと変えてしまったので、期待半分、不安半分。

できれば、期待半分の方を信じたいけど・・。

従来の予想方法で考えてみると、やや気になるのは09,12,20,38,39あたり。

前回は下一桁5?9に本数字5個が偏った分、12や20にも可能性はあるかなぁ、といった感じ。

一方で、14分割の37?39は4回連続出現で絶好調なのか?飽和したのか?多分、まだ飽和してないような・・。くの字型の折り返しなら39か?連続出現した数字の両隣を狙うなら37の±1数字の36や38が有望か?38は●×●●のパターンになりかけだけに捨て難い。37の3連続はないでしょう。

確率重視で考えれば、6分割のDブロック(22?28)は抜けないんでしょうが、予想では抜いてしまいました。データ通りならC(15?21)>F(36?43)>A(01?07)の順で抜けるべきも、そこまで思い切れない。B(08?14)が抜けないのは確かだと見ました。

それにしても、過去10回の分布表を見ると、随分と線形の写像が多かったんですね。左脳派の私にはなかなか思い浮かばない展開です。直線の先は11,12,23,26,35ですか・・?短くすれば32も入りますね。

直近10回の分布表

ま、普段は使っても数字が思い浮かばないような方法よりも、今回は新しく試す方法に期待します。

推奨組み合わせ4口の他に6口足して、いつも通り10口購入予定。

明日も東京に出張しますので、どこで購入することになりますやら?

皆様にも幸運を!
先週の結果報告とひとり反省会では振り返りませんでしたが、第393回の結果は特殊といえば、ちと特殊な出目だったようですね。

下一桁7が3個に8が2個。
本数字6個での同色球なし。

うーん。組み合わせが難しかったのではないでしょうか?
定石通りでは決して組み合わせないような。

その分、今週はイレギュラーはなさそうですね。
そう信じて、今週の予想です。

予想数字12個
01,06,08,11,15,21,29,33,34,35,36,43

今回はゲイル理論は完全に無視しました。

今、試行中の総出現回数と出現間隔を一次変換する方法で算出した12個です。先週は本数字1個とボーナス数字しか当たりませんでしたので、アルゴリズムを変更しました。三角関数を組み込んで45度で計算。

この射影角度が大きく(鈍角側に)なり過ぎると候補数字が多くなり過ぎて絞り込みとは呼べなくなりますし、小さく(鋭角側に)なり過ぎると、2、3個しか選べなくなってしまう。そこで、標準的な45度を適用して、模擬抽選1,000回のデータでシミュレーションを試みたところでは的中率が低い。ならばと3,000回にまで拡張してみると、まずまず理論値に抗えそうな結果が出ました。この点は模擬抽選データのランダム性と関連ありかも知れません。

この方法では的中精度がまだまだ、不安定といえば不安定です。特に400回にも満たない本抽選の結果に適用するには当たりハズレが大きく何らの法則性が見いだせないのが目下の難点でもあります。

裏を返せば、いきなり本数字6個が入っていないとも限りませんな。

本当はもう少し縛りを小さくして、18個くらいにまで絞り込み、さらにこれまで身に付けたノウハウから判断して12個にまで絞り込めれば理想的なんですが・・試行錯誤が続きます。ある一定の成果が出た時点で数式を公開しようと予定しています。

ま、最後に数字を選ぶのは自身の判断であることに変わりはありませんがね。闇雲に数字を選んだり、過去の出目に共通する法則だけを参照する方法に比べると一歩前進できそうです。

予想数字12個の内訳を見たところ、同色球(01,08,15,22,29,36,43)の列が多過ぎるので組み合わせが難しい。それに33,34,35,36が4連番ですね。本数字間隔でのコールドが01,21,36と3個入っています。

推奨組み合わせを今週は従前の方法に戻して、42通りの組み合わせから中途半端に4口選んでみました。

(1)01,08,21,33,34,43
(2)06,11,21,29,34,43
(3)08,11,21,33,34,35
(4)11,15,21,29,33,43

組み合わせ選びにも偏りがあるようなので、ご参考程度に(いわれずとも・・ですね)。

その他、購入予定を明日の晩に追記します。
随分と久々の徒然種です。

連休真っ最中の先週金曜日のことでした。

付き合いが長い友人とサッカー談義で盛り上がり、アルコールの勢いも手伝って、なぜかtotoを買ってみようということに・・。

totoなら歩いて2分の近所に販売店がありますのでね。
店先に置かれた日刊スポーツとサッカーマガジンを眺めつつ、あーでもねぇこーでもねぇと議論は沸騰。

取り敢えず、対戦カードを見ながら、小さなメモの切れ端に0だ1だ2だと予想を書き込んでいたのです。

私は静岡市生まれの藤枝市育ち。
日本リーグ時代からサッカーには馴染んでいたくらいですから、Jリーグを見る目もシビアな(?)つもりでいましたが、いざ勝敗を予想しろといわれると、なかなかに難しい。

チームの調子や勢い、過去の戦績から判断すれば、こうだろうと順当に予想できても、何せ人がやることですからね。何があるかわからない。

試合中に思いきり押していた側の主力選手が一発レッドで退場させられて、結局はひっくり返されてしまった・・なんてケースも何度も目の当たりにしていますしね。競馬なんかでもあるらしいじゃないですか。大穴で買った馬が出走直後に無残にも落馬したりとか・・。

それに・・静岡県民の私は矢張り清水や磐田が負けるのを予想して買うのは何とも気が引ける。

件の5/3の第332回は日本平(清水のホーム)で静岡ダービーだったから、ならばホームの清水を買ってみるか、いやいやどっちにも負けて貰っては困るから引き分けにしようかと私情をはさんで苦渋の決断も・・。

最終的に4口予想して、申込用紙が並ぶラックに手を伸ばしました。ところが、手にしたのはマルチの用紙。それをラックに戻して、シングルの用紙を手にし直して、せっせとマークシートを埋めました。

で、発券されたのがこちら。
第334回toto本券

はぁぁぁぁーっ!

よくよくご覧にならなくてもお気付きの通り、よく見もしないで埋めたマークシートは第332回ではなく、今この時間に試合が始まっている、もしくは終わっている第334回のものだったのでした。当然、予想したのは第332回の結果です。

ああっ!人生最大の不覚?!

馬っ鹿だねぇー。

やっぱ慣れないギャンブルに手を出してはいけませんな。
お恥ずかしい・・。

しかし、こんなにもヤヤコシイものだったなんて・・。
ロトやミニロトでは考えられませんな。
翌週分も同時に発売中なんて・・。

totoが普及しない一因を垣間見た気がしました。
インターネットでもモバイルでも購入できるのにねぇ・・。

ロトもインターネットで手軽に購入できるようになれば良いのにね。

因みに申込用紙を間違っていなければ・・?・・どうだったか?
やっぱりハズレです。

totoは難しいですな。
今後はロト6に専念します。
でも・・少しナンバーズには興味あるかも?

チャンチャン!!
予想数字12個
05,08,10,14,15,17,18,20,21,24,30,35

本数字18とボーナス数字の35が辛うじて的中。

実購入ではまたも惨敗。我がことながら、かなり重症ですな。

うーん・・。ひたすら参ります。

ボーナス込みの間隔では久々に間隔0と1の2ペア。
狙いは悪くなかったのでしょうが、数字選択が全く駄目。

この方法では当たらない。アルゴリズムを今一度考え直します。

昨日は東京に出張して、仕事のさなか、幸運の売場を探してウロウロ・・するつもりだったのが、予想外に忙しくて、時間がタイトになってしまい、夕闇迫る八重洲口から見えた最寄の売場らしきに駆け寄ってみたところ・・ロト・ナンバーズ系は売ってないとの由。

八重洲口売場

京橋方面に走って、目に入った店で慌てて、18:30ギリギリに推奨組み合わせ以外の5口を買い求めましたが、ミソがついたからなぁ・・?

ま、売場のせいじゃありませんな。

今年度の収支はまたも\2,000赤が増えて、\17,900のマイナスに。
まだ5月ですぜ。4等1口程度では追い付かなくなったような?

次回は幾らか予想し易い展開が戻ってきた模様・・って説得力がないねぇ。
それに・・結構めげてます。

おおっ!もう金曜日の晩ですね。仕事はほどほどにして、ゲン直しに一杯やって、また、頑張ります。
先ずは訂正です。

昨日の記事中に予想数字12個が「全て過去10回以内に本数字として出現した数字ばかりで・・」との記述がありましたが、21は本数字として過去10回以内に出現していませんでした。21は本数字としては間隔13、ボーナス数字として間隔2で出現していました。計算そのものは間隔13で算出したもので、予想数字にそのまま含めます。

さて、一晩考えてみても妙案は浮かばず。
基本的な傾向分析としては6数字合計が平均ラインの132以下でばらつき具合もそれ程大きくなく、第一数字と第六数字の差が30以下になると読みました。場合によっては6分割のFブロック(36?43)削除もありかと。

そこで、今週も湧き上がってきた妄想が0番台から3個以上出るのでは?という偏った展開。前回は0番台と20番台、40番台が抜けました。いずれも理論値からは離れる方向。横山タダシ氏の確率空間破壊理論ではありませんが、ポッカリ空いた(数字が出なかった)ゾーンばかり狙い撃ちし続ければ、確かに何回かに1回は当たるのでしょう。連発数字や前回±1数字が弱い時期は尚更でしょうね。

前回の10番台3個、30番台3個に偏った結果から湧き上がってきたのが0番台多数という妄想だと思います。ま、思い切れば抜けが理論値より極端に少ない10番台を削除してしまうことはできても、30番台まで削除となると、ややリスキーな気もします。

妄想の辻褄を合わせれば、0番台から3?4個、20番台から1?2個、30番台から1個となりましょうか。妄想に過ぎないのは承知で、このような組み合わせを1口は購入してみます。

今週はゴールデンウィークの都合で、週刊誌が合併号になって新刊がないせいか、不肖私のブログにも多くのアクセスを頂きました。先週の第392回予想記事では女性自身(光文社)の予想数字10個から本数字3個が的中していたのが光りました。「平均以上を買うべし」も毎週続ければ、いつかは当たるものですな。軸がぶれないというのもある意味重要かな?

同じ光文社でも写真誌FLASHの方は相変わらずだったようですね。週刊女性(主婦と生活社)の予想は「本命、対抗、穴」と12個の数字を挙げておいて、全削除成功でした。お見事!同じ宝くじ研究家が連載している週刊大衆(双葉社)の月間予想は12個の数字から本数字3個が的中していました。月間予想だけに、今月5回あるいつの抽選で参照したものか判断が難しい。先週であれば、参照しておいて正解でしたね。今週はどうか?

人様の予想結果を云々している場合ではないので、自分の予想数字がはずれたケースも想定した買い目を考えなければ。今回も積極的な勝負は避けて10口購入予定。推奨組み合わせに挙げた5口は購入済みです。あと別口で5口・・妄想で1口、かなり極端なのを1口、どこかで3連番も1口・・20番台かな?・・もう少し捻って・・。

皆様にも幸運を!
過去43回の本数字出現回数
3回3個04,40,42
4回9個01,05,09,23,29,30,32,36,39
5回9個08,10,14,21,28,33,35,38,41
6回5個02,03,11,16,27
7回4個17,18,25,31
8回10個06,07,13,20,22,24,26,34,37,43
9回1個19
10回1個12
11回1個15

連休真っ盛りで、少し頭もフヤけ気味です。

いつも通りの調子で予想しても当りそうもないなぁ・・と嫌な予感だけは的中してしまいそうで、今週は趣向を変えて、目下、研究中のベクトル予想から数字を選んでみました。

数字選択の根拠なり、アルゴリズムは?
まだまだ試行錯誤段階ですので、また後々ということで・・。

詳細な説明は後になりますが、上記の表をご覧になると、過去43回の抽選で本数字として4回、5回、8回出現した数字が多いことがお分かりでしょう。これをどう解釈して、もう一捻りしてみるかといった試みです。

予想数字12個
05,08,10,14,15,17,18,20,21,24,30,35

全て過去10回以内に本数字として出現した数字ばかりで、ボーナス数字やコールドの解釈をどう組み入れるかが今のところ、実はうまくできていません。

普遍的なとまでは申しませんが、ある程度安定した絞り込みができるような方法を確立するまでは、まだまだ課題ありです。それに、この方法に限定してしまうと、ゲイル理論とその応用のイイトコ取りができませんし・・悩みも多い・・。

そこで、推奨組み合わせでは予想数字12個に限定しないで、その他気になる数字を6個加えて、合計18個の数字で6から4の組み合わせ(4等保障=18個中に本数字6個が入れば、最低1口は4等的中する54通り)の中から5口選んで公開することにしました。

勿論、予想数字に6個足すことによって「18個の中には何個入っていた」とか「買い目には本数字6個全部が入っていた」ぬぁんて意味なく威張り腐ろうとする意図は毛頭ござりません。・・だいたい54口から5口を選んで当てるのだって決して楽ではありませぬぞよ。

ま、システム405の42口から5口選ぶのよりローリスクローリターンにはなりそうですが、以降何回か試してみてから、また考えます。

で、追加の6個は01,03,06,25,27,40・・01と03は前回出た10に続いて各々間隔31,15というオカルト予想です。その他の4個は従来の予想方法なら選ぶだろうなぁという数字。

推奨組み合わせ5口
(1)01,05,08,20,27,40
(2)03,06,18,24,27,35
(3)06,15,17,20,24,40
(4)10,14,21,30,35,40
(5)03,15,21,25,30,35

推奨組み合わせとして公開した以上、ダメ元でもこの5口は購入します。

後は一晩寝かせて、明日の晩にでも追記します。
予想数字12個
05,09,10,13,16,18,25,28,30,38,40,41

10,18,30の3個が本数字で的中。

40,41に執着した推奨組み合わせは全滅。本数字3個的中では例の42口を全部買っても5等が4口的中止まりでした。42口の内訳はババ(6等=いわゆる2hit)がドッサリ。実購入でもババばかりしっかり引いて、2週連続で当選はなし。

5月に強い数字は不発に終わりました。今月も月別データだけを当てにした予想は厳しそうです。

オカルト予想を続けた10が間隔23から出ました。やっぱり買っておくもんですな。

オカルトといえば・・2週続いた6数字合計の142が今回は141に落ち着きました。3週連続で揃えたように狭い範囲に収まるのもかなり稀なケースではないでしょうか?

結果を見た感想としては間隔0と1、特に間隔1が一時期出過ぎていた反動からか、出なくなるべくして出なくなったのが気になります。いい加減、底を打ったと読みましたが、まだ落ちるようです。連発数字が出ないのは理論値に収束していく流れなのでしょう。同間隔のペアも途絶えがちです。

今は間隔や分割データを読もうとすると難しい時期。変化球を待つと直球ばかりで、ズバッと直球を狙い打ちしようとすれば、なかなか打ち頃の球が来ない。

要はこれまでのような解釈だけでは、安定した絞り込みができない時期なのだと感じます。

それだけに、波が少ない安定した予想方法を早く完成させねば。

今年度の収支は\2,000赤が増えて\15,900のマイナスに。今年は購入口数を倍にした分、過去2年にはないペースで膨らんでしまいました。随分と大振りが目立つようでお恥ずかしい。

ま、当たる時があれば、はずれる時もあり。当たる日が来るのを信じて、腐らずに買い続けます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。