FC2ブログ
2008 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 01
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ずは昨日、予告しました重回帰分析での12個絞りから漏れてしまった6個です。

15,18,23,29,30,34

はい。元はと言えば、この予想方法を始めた際に絞り込み個数は大幅に見直すつもりでした。しかし、せいぜい10口程度の小口購入では「小さく買って大きく当てる」ためには、候補数字が増えてしまうと、選択の幅が広がり、ヒット数が増える確率は高くなっても、組み合わせが難しくなる。

そこで、ハイリスクハイリターンは覚悟の上で、12個まで絞り込んでいる訳です。ま、本音では「18個くらいまでは・・(許容範囲)」と考えていましたが。

特に今回のように12番目の数字と次点の数字の差が殆どない場合は迷います。チョイとした比重値の加減で順位が入れ替わってしまったりしますから。その悩める次点の数字が今回は6個も出てしまったということで、補足数字に使おうと思います。

アナログ予想では、前回の結果が結果だけに少しばらつきが大きくなるのでは?という印象。さらに、旬の数字が入れ替わり始めるかも?

それを示唆するかのように、スーパーホットナンバーの出現が過去10回で22個(ボーナス含む)。またもや謎のベースラインに戻りました。今回の発生は15個。

01,02,03,05,06,12,14,24,25,26,28,29,30,31,34

前回は15個発生の3個出現でした。或いは、この15個を全削除にするなんてのも大穴狙いになるかも知れませんね。

間隔データの出現形態については、本数字のみでは不十分で、やはりボーナス込みにしないと意味がないように感じられて、再考を迫られています。7数字バージョンはあまり注目してこなかったので、今回もこのデータ解釈はパスさせて頂きます。

前回、本数字としての出現回数で負組から勝組に転じた07と38。今回の抽選が終わると、平均は59.02回となり、07と38は出ないとまたもや負組に転落します。こういうケースはどうなんでしょうね?前回も間隔0のペアでしたが、1口は07,38を含む組み合わせを買ってみます。

4連番が出た翌回の傾向分析やら、ジンクスやらは全く意識しません。確率論に従う部分だけを参考に・・それが私のやり方。

全体像もボンヤリ。傾向通りであれば、しぶとくコールド1個か2個を想定。しかし「ん?」と不審な思いつきもあり、コールドなしも購入予定。

最後に、退化しかけた右脳に思い浮かんでいるのは09,13,14・・。そんな出だしが過去にも何回かありましたね。

今週は幾分、選択の幅を広げる意味でも10口を上限に購入予定。買わねば当たらず。策に溺れているかも?それでも、何とか当てたい。

皆様にも幸運を!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。