2008 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 02
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抽せん結果 01,08,18,26,34,42,B21

予想数字12個
01,02,06,08,13,14,16,20,28,30,33,35

本数字で01,08が2個だけ的中。

午前中でやっと1月の仕事が終わりまして、今頃、ひっそりと反省会をしています。

先ずは結果。購入は迷いに迷った末に5口に止めて正解でした。抽せん当日の独り言をブツクサやっていた時点では、コールドが気になって、もう5口買い足すつもりでいましたが、これだけ迷って結論が出ないまま買い足しても無駄と、直前になって買い渋り、かすりもせずに撃沈。

前回のボナース数字も込みにすれば+1数字が08,18,26,34と4個も出現。これは理論値9.5%に対して51回目、つまり51/430≒11.86%だから、やや出過ぎ。狙い撃ちできた皆様、お見事でした!

下一桁8が間隔1のペアで復調でしたかぁ・・?

42の4週連発は追記で補足数字に加えたものの、同じく補足した26と歩調を合わせて揃ってくれず。

6分割の削除枠なしは理論値約2.2%に対して、8回目で1.86%に。今後も出る余地は残されているけど・・先週の同色球なしと同様、私には買えないパターン。しょんない・・しょんない。

「表だ裏だ」と表現すると、何かコソコソ悪事でも働いているように感じて、今回から一次選抜やら補足数字と表現を変えました。ま、どーでもいいことですな。

今回得た教訓は、一次選抜の12個に補足数字を6個上限として、合計18個の候補数字から手堅く買うべきかな、という点。以前のように表と裏とそのまた裏を全く別個に組み合わせるよりも、昨今の精度なら、まずまずの結果を残せていけそうな手応えも感じています。

やっぱ、数式便りの左脳予想とは完全に決別して、勘が戻りつつあるんでしょうね。

惨敗なりに悔しくも、今回の結果には納得しています。

1月は4回の抽せんで、5,400円のマイナスという収支に。出だしとしては50点くらいかな?

次回はね・・出現回数平均が節目の60回前後の分布が崩れて、本数字間隔のコールドが一気に3個増えて11個に。最後のボーナス数字は変わらず7個(04,07,13,20,21,24,31)のまま。難易度高めで、より一層楽しめそうですな。2月も半期決算で仕事が忙しそうだけど・・マイペースで。

1月の当せんは○×○×でした。次は当たる番と期待して・・。

今度こそ・・一足早く・・春よ来い!

PS ブログランキングが分不相応にもUPして、有難い限りです。
  これを励みに頑張りますので、今後も宜しくお願いします。
スポンサーサイト
当日の独り言開始・・。

昨夜は結局、睡魔に負けて、サッカー観戦は諦めた。どうも酷い内容と結果だったようで・・。金を払ってまで観なくて良かったのかも・・?これが話の取っ掛かりとなる偶然。

普段は5時間程度の睡眠も7時間も寝てしまうと、却って疲れが増したような?あまりの爆睡に予知夢も見なければ、お決まりの布団に入ってからの妄想も湧かないまま。

ひとつだけ、藁をもつかむ思いで探し出したのが、先週も的中した近未来予言(?)。何のことはない。傾向分析や数字選択がピンポイントでは当たらずに、数回後に的中してしまうという間の悪さを近未来予言と自称しているだけである。

まだ日の目を見ていない予言らしきを調べてみると・・目にとまったのは・・。

◆退化しかけた右脳で何となく閃いているのは06,13,20という同色球の3個(ロト6第422回予想数字追記)。

これはまあ、13と20が最後のボーナス数字で残っているからだろうね。昨年11月26日付だから、だいぶ前の記事。しかしだ・・これと符合するような予想を見つけたので、瞬時に思い出したのだよ。

相互リンクでお世話になっている栞さんの【ロト6しよっ!!!】の今回の予想。こちらの姐さん、お気の毒にも、先週は本数字6個的中させたメモの数字を買いそびれたそうで・・誠にお気の毒。今週はショックから立ち直って、また興味深い考察をされているので、関心を持った方はご覧あれ。

06,13,20の3個は予想数字12個絞りに入っているから・・「必ず出る」と信じて1口は買ってみる。

◆思い切って山を張るなら10番台抜け。これが予測でもあり、予想の結論です(ロト6第429回予想数字追記)。

これは先週の追記。キャリーオーバー発生回で頭に血が昇って、雑念を封じ込め切れないまま、「特異出目になってくれぃ!」と、やや卑しい願望も含んだ上で出した結論。平均化の流れが戻るなら、この結論は生きている。結果が正しかった場合、「やっぱり近未来予言が的中する間隔が短くなっている?!」と確信できるであろう。10番台抜けも1口は買う。


うーん・・正直に申し上げると「コールドは出ない」とした予想の前提もかなり揺らいでしまっている。26には25+1として出る理由ができてしまったし、22は水瓶座に強い数字。先週はボーナス数字も含めて下一桁7が揃い踏み。4個しかない下一桁7から3個出現。あぶれた27が「俺も!オレも!」とばかりに今回しゃしゃり出て来るかも?23は・・過去2回の当せん間隔(ボーナス込み)が4→8と来て、今回が間隔12である。4+8=12とか・・嫌な予感?

先週当たった5等千円をつぎ込んで、コールドも買い足すかな。この程度の泡銭は泡銭として使ってしまっても困らないしね。迷った末の決断。

こうして迷ってしまうのも、数字が出る理由付け、つまり必然性を偶然の中に求めてしまう心理が働くからだね。後になって考えると偶然に思えたけど、それを必然に変えてきた。人生なんて、そんな経験の繰り返しと積み重ねなんじゃないかな?

私が住んでいる静岡では見ているだけで「ニヤリ」としてしまいそうな、結婚式場のTVCMが流れている。赤面するようなタマでもないけれど、UPしてみる。何か感じるかな?





そう、あなたも私も、この世に存在すること自体が奇跡みたいなもの。

それはとてつもない偶然と必然が繰り返されて積み重なった結果。

それに比べれば、1/6,096,454の確率なんて小さい!小さい!

以上、本日の妄想でした。
先ずはお詫びから。先週の結果報告とひとり反省会も含め、以前から度々「第5週抽せんに強い20」なるジンクスを紹介して参りました。これは女性週刊誌にロト6予想を連載している某宝くじ研究家の説を鵜呑みにしたもので、改めて自身で過去34回実施された第5週抽せんを集計したところ、確かに20は34回中、本数字で7回出現しているものの、昨今は決して「第5週抽せんに強い数字」ではないことが判明しました。

予想にご参照頂くに当たって、若干の事実誤認がありましたことをお詫び申し上げます。

では何故、そのような説があったかを調べましたところ、2006年3月の第284回から2007年3月の第336回にかけて、5回実施された第5週抽せんで、20が5回連続で出現したことが根拠となっているものと推察しました。直近では、昨年7月31日の第405回に久々の出現。

ご参考までに一応、第5週抽せんで本数字として出現している上位数字は下記のようになっています。

8回 1個 25
7回 3個 09,20,31
6回 6個 03,22,23,28,39,40

これに対して、不振組02,04,11の3個は1回も出現していません。

これを見ると、20は出現回数としては25に次ぐ2位集団に含まれてはいますから見方によっては「第5週抽せんに強い数字」といえなくもありません。しかし、上記した通り、一時的に強い時期があって以降は、別段「強い」とも「期待できる」とも言えないのが実情です。

以上、誤解を招きかねない表記がありましたこと、お詫び申し上げます。

さてさて、予想数字追記を。

うーん・・。まだ迷いが消えない。予想するには適していない状況。それでも何か思い浮かねば・・手を尽くさねば・・。しかし・・取っ掛かりが見当たらない。

ならば、と先週も載せた43回周期の6分割分布表を(●が本数字、がボーナス数字)。

6分割表(43巡目)

先週は本数字で最多出現の29と等間隔の33が的中。45度の斜線なんぞに目を向けず・・右脳で・・何か見えるか?私には難し過ぎる・・。前回と同じパターンを踏襲するなら、本数字で最多の16とボーナス込みで等間隔の33が・・。が、どちらも昨日の予想数字12個に入っている・・から補足にならない。うーむ・・困った。眺めているだけ無意味なようで・・。

では基本に忠実に前回からの連発、或いは±1数字はどうか?連発は単純なヒットゾーンとしては33が有力か?またも33?全く意表を突かれていないような・・?ここのところ、出過ぎなくらい絶好調な25とか、42の4週連発なんか面白いかも知れませんね。

+1数字は・・26がヒットゾーン?!・・意外な盲点。-1数字からは36が。28は12個絞りに入れており、こちらもまた新味に乏しい。26はコールドで一度は消したけれど・・出る理由ができてしまったような。

うーむ。冴えない頭で考えられるのは、現状この程度。25,26,36,42を4個補足数字として追加。

本数字出現回数の分布が一時的にせよ崩れるのは覚悟の上で、暫くは様子見を決め込みます。

よって、購入も無理に広げずに5口+数口に止める予定です。

今夜のサッカーも静岡県民としては、有料でも観たいような、そこまでして観たくないような、明日の仕事とブログ投稿に障っても困るが・・と優柔不断。参考になるような情報が提供できずに、自信なげな追記となってしまい、せっかくご覧下さった皆様に申し訳ありません。あとは運頼みで・・。

皆様にも幸運を!
今週は節目の第430回と繰り返してきました。ロト6は43個の数字から本数字6個とボーナス数字が選ばれる仕組みですからね。球数の10倍であることに、何らかの意味を見出したい。

昨今の流れから見ても、傾向を読みやすいはずだと踏んでみましたが、いつもの如く右に左に揺れっ放し・・。

最後のボーナス数字が7個(04,07,13,20,21,24,31)。しかも本数字ではコールド入り直前の間隔9に14,21,31が3個。

一方、ボーナス数字込みの間隔でのコールドは6個(11,15,22,23,26,27)。ま、前回の結果からも20番台、特に確率的に最も出るべき6分割Dブロック(22?28)は活性化するかも知れませんが・・出たら出たで・・しょんないとして、この6個は削除対象に。前回出た25と仲良しの22は?もう昔の話でしょう・・。

今回もアナログ予想です。確率論やや重視で、出目表や間隔表から右脳で視覚的に捉えたイメージで数字を選択。

予想数字12個
01,02,06,08,13,14,16,20,28,30,33,35

結論として、6分割Fブロック(36?43)も削除に。先週は束の間、出現回数がばらつく傾向が現れたものか?またはダラダラと平均化する流れが止まってしまうのか?どちらに転んでも理由付けできるような感覚での12個絞りとなりました。もっとも、現時点での結論ですがね。

先週は裏買いの5口から5等が1口当たりました。毎度毎度、後出しでは、ロト6予想ブロガーとして、とても気がひけますので、今回は同じ謎の暗号解読で算出した1口を、あわよくばの推奨組み合わせとして公開します。先週は景気良く5口該当する組み合わせが完成しましたが、今週は1口しか該当せず。

本数字3個的中、つまり5等当せんの前提条件は「ボーナスも込みの間隔でコールドが出ないこと」となっています。先週は条件通りで成功。数字の選択基準は上記のアナログ予想とは全く関係ありません。

推奨組み合わせ(1口)
03,06,29,35,37,40

10番台抜けで第二数字と第三数字の差が23と大きく、割と大胆な組み合わせ(?)

私個人は2匹目のドジョウを狙って買いますが、勿論、当せんの保証はしかねます。悪しからずご了承下さい。

明日は上記一次選抜の12個に補足すべきか迷っている数字、43回周期の特徴等について、追記する予定です。
予想数字12個
02,06,07,09,16,20,29,32,33,38,41,42

本数字で29,33,42が3個と、2等以外は用をなさないボーナス数字が的中。一応は及第点。

右脳で選んだ日陰の数字29,33に、左脳で3連発を読んだ42とで、めでたく右脳の勝ち!いくらか明るい展望が開けてきたような・・。

購入したのは11口。表9口+裏1口+裏の裏1口の予定が、当日の妄想を投稿し終えて、昼を食べている内に不安になって、表5口+裏5口+裏の裏1口に急遽作戦変更。やっぱりキャリーオーバー発生が邪念を封じ込め切れなかった・・。

表買いは予想12個+補足3個中3.5ヒット程度では5口で3個揃ってくれず全滅。裏5口はスーパーホットナンバー10個を全削除にするつもりも、急に無謀と感じて断念。妙案を思い巡らしていたところ、第419回で5等2口をゲットした謎の暗号解読を思い出し5口決定。

その裏5口から5等が1口。5口目は訳ありの買い目のためモザイクで失礼・・勘弁してやってつかぁさい。

ロト6第429回5等当選券

2口目で25を買っていますが、37は全くの想定外。ま、どちらにしても、理論上の出現確率2.2%程度の同色球なし(本数字6個が別色)の組み合わせは、私には狙えない。それ以前に「表だ・・裏だ・・またその裏か?」なんぞと迷っている時点で3個並べるのが精一杯。悔しいですね。

結果回顧を。下一桁7が揃うと1等の当せん口数が多くなるというのは定番なんでしょう。37の勢いが止まることを知らないのには驚きも。17は前回出た16,18の間チャン数字。±1数字としての解釈がとても難しい。

上の画像で裏買い5口で前半数字を少なめにしたのは、先週の抽せん当日の妄想で、6分割A&B(01?14)全削除も、と予測したことが根拠となっていますが、またもピンポイントではなく、近未来予言になってしまった。しかし、予言通りになる時期が短くなっている?!

間隔8の数字群がそのまま残って、次回もコールドを何個選ぼうか苦労しそうな予感。最後のボーナス数字も7個(04,13,20,21,24,31)に増えて、間違いなく鍵となるでしょうね。果たして第5週抽せんに強い20は出るのか?

間隔2&4からの2ペア出現で、だいぶ分布が落ち着きました。さてさて、一話完結したところで、次回はどうなりますやら?

個人的には左脳頼りの予想から脱却して、勘が戻りつつあるのが楽しみ。

今年に入って3回の抽せんで収支は4,400円のマイナスに。前回の15口全滅が痛かった・・。まだまだ4等1口でも十分に取り戻せる範囲内。んにゃんにゃ4等と言わず・・その壁を破りたい。

一足早く・・春よ、来い!
今朝も鶏が鳴く前に起床。予想を見直す時間を確保しようと必死の努力をした結果ではなく、尿意を催して目が醒めてしまった・・コーヒーの飲み過ぎかな?・・朝から下ネタで、お恥ずかしい。

で、午前分の仕事が片付いて、さて、本日の買い目を見直し中。

一応、今回も一話完結に拘って、予想数字12個+追記で補足した3個を組み合わせる予定だけど、何となく気になるデータが出てきてしまった・・。

来週、区切りの第430回抽せんを迎えるに当たって、本数字での出現回数分布が怪しい。言うまでもなく、来週の抽せんが終わった時点で平均出現回数は丁度60回になる。つまり、現段階で出現回数60回の数字は辛うじて勝組側にあるものの、今回、次回と出なければ負組に転落してしまう。現状の比率は勝組:負組=23:20で、崩れる可能性は否定できない。

その崖っぷちの数字は3個(04,22,23)。いずれも本数字間隔では7個しかないコールドに含まれている。ボーナス込みにすれば、04は過去10回以内に3週連発もあったが・・何か補欠で待機し続けたようで、躊躇うね。

22はどうか?過去43回で4回出現。一頃は43との絡みが強かった傾向(同時出現、次回出現)も、どうやら旬を過ぎた印象。

23はどうにも気になって仕方がない。間隔11に強い数字。先週もそれを見越して見送ったように記憶している。うーん・・参った。不振の20番台、しかし最も出るべき6分割Dブロック(22?28)。無駄にするのは覚悟で1口買い足そう・・。

今回は間隔9に26が1個だけ残っている。しかも、26は本数字間隔9で出たことはない。シンプルに見送り決定。

むしろ、間隔8に最後のボーナス数字(04,13,20,21,24,31)を含む何個かが不自然な残り方をしている方がよほど気になる。願わくば、このままコールド入りして欲しいものだが・・。

最後に、敢えてコールドは狙わず一話完結の結論を出した裏の裏で11,12,13を含む買い目を1口選んだ。某女性週刊誌の予想記事を読んだからではないよ。一昨日、ミニロトの結果を見た時に何となく第六感に訴えるものがあったというか・・うーん・・違うな。多分、キャリーオーバー発生回で偏った出目になって欲しいという卑しい願望に由来する思い付きだね。ま、裏の裏買いはこれ1口で。

スーパーホットナンバーは10個に減少。

02,03,05,06,08,16,25,29,34,35

ここから1個も出ないで、旬の数字が入れ替わるというのが裏のシナリオ。これも1口だけ。

抽せん当日の妄想と独り言を、こんな時間にUPしても、予想外に多くの皆様にご覧頂いているようで、心より感謝申し上げます。

以上、本日の妄想でした。
本日も記事UPが若干遅くなりました。仕事が忙しい中、予想に十分な時間を確保できるか不安。妄想がふくらむ余地もありません。

ま、こうして書いている間に何か思い浮かぶでしょ・・。

相互リンクでお世話になっている【ぼちぼちロト】のすぴかさんが2週連続5等ゲットと順調な滑り出しをされました。その結果報告記事に祝コメしたところ、ご丁寧なお返事を頂き感謝。さらに、同コメント欄で他のブロガーさんらが番台抜け削除について議論されているのを拝見しまして・・久々に番台抜けデータはどうなっているのか見直してみることに。

過去2回UPした関連記事もよろしければ、ご覧下さい。
■番台抜けの謎(2007年11月25日)
■番台抜けの謎・続き(2008年1月5日)

先週の第428回終了時点で、理論値との比較は次のようになっています。
(理論値との差は黒字が出過ぎ、赤字が不足です)

番台抜け表(第428回終了時点)

お気付きのことと思いますが、昨年1年間は10番台抜けが目立ち、徐々に理論値に収束する方向に。また、40番台抜け(0個)がさらに理論値から離れました。0番台は第414回で5個出現なんていうレアケースもありましたね。

前の記事にも書いた通り、模擬抽せんを1,000回実施した程度では理論値に収束しません。但し、それも誤差範囲に近付いていくのも確かでしょう。

さて、肝心の今回分。今年に入ってから2回の抽せんでは、いずれも20番台抜けの結果が出ています。20番台は10個も数字を含む最多のグループだけに3回連続で抜ける確率は極めて低い。大胆な推論となれば、矢張り確率通り、平均化、理論値に収束する流れの時期から判断して10番台抜けでしょうね。

0番台は第420回を最後に抜けていません。活況です。今回も抜けないと見ました。

思い切って山を張るなら10番台抜け。これが予測でもあり、予想の結論です。

さて、来週は区切りとなる第430回の抽せんですね。つまり、43回周期で今回は42クール目。この42クール目の6分割表(ボーナス数字が)を調べてみると・・。

6分割表(42クール目)

45度の斜線を引くのは短絡的に過ぎてやめ。右脳で見る。右脳で見るのだ。うーむ・・。等間隔なら、33,36,39が面白い。

しっかし・・改めて右脳による空間認識力(?)の貧困さには、我ながら呆れるばかり。あとは読者の皆様のイマジネーションにお任せします・・毎度のことで・・。鋭い方なら、幾何学模様やら思い浮かぶかも?

最後に過去43回の抽せんの本数字出現回数を確認。

回数

個数

数字

12

37

11

02

10

12,31,43

16

06,20,28,30

03,08,09,14,15,18,23,25

05,19,33,35,39

13,24,26,27,29,36,42

01,04,10,17,22,32,34

07,21,38,40

11

41


トップ争いをしている31と37は別として、02,12,43の躍進がめざましいのに驚かされます。尤も02は最大間隔46不出という時期もありましたから、この巻き返しにもやや納得。

分布もそれほど崩れていない様子。ただ、07と38が第430回までには出るだろうという期待は少々強引か?どうも不振グループの仲間入りをしてしまっているようで・・。

予想数字12個に補足するとしても、現時点で加えるなら05,36,39くらい。はい。シナリオ通りを信じて、この15個を中心に決定。

今回は裏とまたその裏買いは各1口程度にして、表を8口の合計10口購入予定。キャリーオーバーがあるから5口余分に買うのではなく、チャンスと踏んだからこそ奮発するのですぞ。

まだ何か見落としたデータを思い出したり、ネタが閃きましたら、明日の妄想にまとめます。今回は時間的に余裕もないから、このまま買うことになりそうですけど・・。

皆様にも幸運を!
ロト6第429回予想数字
2009-01-20 Tue
22:25
今日は1月20日。会社の仕事で入出金があったり、早めに済ませておけばよかったのに所得税の納付期限でもあり、25日が日曜日なことから、23日に支払う給料計算も始めなければならない・・しかも、しっかと正月休みを取ったせいで、今月も稼働日数が少ない。

要するにテンヤワンヤで一日が終わろうとしており、ぐったり・・。

そんな訳で、予想記事のUPが遅くなりましたが・・他の予想サイト管理者さん、ブロガーさんらもお忙しいのか?・・皆様、出足がゆったりなようで・・。

何はともあれ、予想を。

前回の結果報告とひとり反省会で予告した通り「第428回で実現して欲しかったシナリオ」で予想数字を絞り込み。ナニナニ・・確率論+現象論+閃き・・に今回は気合と念力もプラスしての渾身の12個絞り。

予想数字12個
02,06,07,09,16,20,29,32,33,38,41,42

数字が多く残っている間隔2から4個選択。本数字としての出現回数で平均以上復活を期す07と38を含めました。さらに、前回-1数字も3個入りました。42は3週連発というよりは43の-1数字として選択。一応、1個1個の数字を多面的に分析しています。この辺までは左脳思考。

右脳思考で選んだのは"日陰の数字群"。

コールドは敢えて選択せず・・今度こそ一話完結しそうでしょう?このシナリオ通りなら・・。

限られた時間の中で予想をする。しかも、寝不足でコンディションは決して良くない。従って、明日になれば、また気になる数字が浮かんできて揺れてしまうかも知れません。現に6倍数は切ってしまおうか?とか、連番は打ち止めか?とかチト悩みましたもんね。ま、悩んだ過程と結論は最終的に抽せん当日にまとめるということで。

私が描いたシナリオは3通り。「出て然るべき強い理由がある数字」が上記の12個です。その全く逆「出てくれては理由付けに困るような数字」を裏買い用に12個選びます。最後に「どちらのシナリオにも当てはまらなかった数字」が裏のまた裏買い用の12個。こんなものが存在するのか3面体・・予想?

こうすると必ず、43-36=7個は削除数字が出てきます。全部は申しませんが、今回は08,34とか・・。

何やら訳の分からない説明はここまでとして、明日は久々に番台抜けの検証、その他のトピックを追記する予定であります。
予想数字12個
08,09,11,19,20,26,28,30,34,36,38

08が1個のみの完敗。

うーん。ど真ん中のストライクを見逃した心境。或いはゴールキーパーと一対一の決定的な場面でシュートをはずしてしまった気分。

「1個的中のくせに何を・・?」って?

要は確率通りに出てしまったなぁという感想。このところ、ダラダラと理論値に収束する傾向が続いていたから、「今回も」と構えたら、ズバッと直球が来てしまった・・。恐らく18個絞りにすれば、本数字6個とも入っていたんじゃ?うん。間違いない。

相変わらず下一桁2と3と8が強いですな。6分割Aブロック(01?07)削除は正解。しかし、過去10回の第一数字と第六数字の差から真中に偏るパターンを想定してしまったのも敗因として挙げられます。また20番台抜けで、第三数字と第四数字の差は17ですかぁ?まだ開いていますね。

42,43は第395回と第410回に続いて揃い踏み。仲良いねぇ。周期的に揃い踏みしてるとか?

16,17,18のブロックは出だすと続くケースもあるから次回は要注意。17と深い関係があるらしい(?)35が出ましたしね。

抽せん当日になって、やっぱり一話完結の結論に落ち着いたけど、完結しませんでしたな。従って、次回も同じシナリオで挑みます。3回連続はあっても、4回連続は確率低いのではないかな?

購入した15口ですか?裏の裏買いで2ヒットが1口だけ。こうまで掠りもしないと、むしろ惜しくも感じません。負け惜しみでも何でもなく。念のため・・私は自虐趣味も散財してストレス解消する嗜好もありませんがね。

右脳を無理に働かせようとして失敗。左脳思考とのバランスがまだとれていない。しかし、何となく霧は晴れてきたような期待感も・・。とにかく数式だけの予想は卒業して・・。

懲りもせずに次回も大きく狙います。
図らずもハンネの通り右に左に揺れてしまいましたが、結論はやっぱり一話完結。

「そりゃぁないよ?!」って感じの結果にはなりそうもない。

2年前まで日刊スポーツ日曜版に宝くじ研究家の石清水正彰さんが連載していた『ロト6指南術』に「定石通りに5回以内に出た数字と前回±1数字を狙え」という方針を見た時には「ふーん・・なるほどねぇ」と思ったものでした。

数学的根拠の是非はともかくとして、確かに一理ありますな。勿論、タイミングをわきまえれば・・の話ですけど。

前回、コールドが3個出て、本数字間隔でのコールドは8個に。今回は間隔9に数字が残っていませんから、コールドが出なくても、次回は増えず。出るとも出ないとも言えるケース。出ても2個が限度でしょうね。

後は間隔4以内から4個が濃厚

ひょっとすると、0番台抜けに止まらず、6分割A&B(01?14)抜けの可能性も。40番台も裏の裏買いで41,43を各1口ずつ選んだものの気配は薄い。ざっくりと10?39中心でどうか?

連番も順当なら、そろそろ打ち止めじゃ?

前回は「何でもかんでも強い数字を買うべし」式の後追いデータ解釈から1個も出なかったのが少しばかり気懸り。揺り戻しはあるのか?

以上、本日の妄想でした。
4億円のチャンスが続いてしまうと、何故かどうにもネタに詰まります。暦やキャリーオーバー関連の情報は他の予想サイトさんに溢れていますからねぇ。私が能書きを垂れてもしょんない。

そこで、今回は裏買い予定の12個絞りを公開して、ご容赦願うことに。何かとてつもない有力情報を万が一にもご期待下さった読者様がいらしたら・・申し訳ない。

裏買い予想数字12個
04,10,13,19,21,24,27,28,30,31,33,38

なんと黄色にした5個が表予想と重なっています。

昨日の表予想は左右半々の全脳で、本日の裏買いは8割方左脳予想に逆戻りです。一応、過去に実績があるシナリオから導き出した数字なんですけどね・・。

ネタを明かせば、前回±1数字と間隔データにチョイと細工を施した至極シンプルな選択。

私の場合は、週末にデータ更新をする際に「フムフム」とめぼしいデータを物色し、月曜日に空想。火曜日に表予想をUPするために、種々ややこしい計算やら観察をします。すると、その晩布団に入ってから必ず「あーでもない。こーでもない。本当にあのままで良かろうか?」と弱気な虫が頭をもたげ始めます。

で翌朝、鶏よりも早く起き出してエクセルを起動。「うーむ。うーむ。」と唸りながら、データの見落としはないか?何か得ネタは見つからないかと右往左往しながら「やっぱ、これも買っておこうか?」と出て来るのが裏予想数字です。

ま、自分の過去を振り返ってみると、抽せん日に近付くほど、妄想が膨れ上がってしまうんで、表が良いか裏が良いか断言はしかねますな。

5口購入と決めていた頃は、何となく「今回はチャンスだな。」という確信めいた閃きがあったんですがねぇ・・昨年1年間、左脳頼りの予想ばかりして迷走した結果、その大事な閃きが錆びついてしまった。

昨晩までは一話完結のシナリオを描いていたのに、7個も裏数字が出てきてしまったのが何よりも不安定な証拠。従って、今回は表から5口、裏から5口、表も裏もダメだった場合を想定した5口の合計15口購入予定。先週当たった5等2口分もつぎ込んで・・。

もう一晩、寝かせてみて、鮮明な具体像が思い浮かぶことを期待して。

キャリーオーバーの雑念は封印。あとは明日の妄想で。

皆様にも幸運を!
ロト6第428回予想数字
2009-01-13 Tue
21:03
今回から、アナログ予想+αで選んだ数字を12個絞りとして火曜日に公開することとしました。水曜日の追記ではトピック的な注目データや数字を補足、木曜日は・・抽せん当日の妄想・・独り言です。

先週末にデータ更新を済ませてから、3連休という時間的な余裕もあって、12個絞りには余計に迷いました。一話完結のような簡単なシナリオになるのか?また、こじれてキャリーオーバーが続くのか?

キャリーオーバーは数学的に起こるべくして起こった現象でないだけに、意識をし過ぎるのは無意味。しかし、かつては比較的近い間隔からの数字が順調に出て消化されてしまっていたのが、昨今ではミニロト化でも発生したり、消化されなかったり、幾分波乱含みになってきたような印象を受けます。

逆に4連番でも1等が複数口出てしまうような意外な結果も出ますね。

揺れに揺れた末に、昨今のダラダラと平均化する流れから一話完結の方を選択。

予想数字12個
08,09,11,19,20,26,28,30,33,34,36,38

6分割のAブロック(01?07)を削除。ご覧の通り、捨てるに捨てられずに等間隔の3個・・11,19,36・・を入れました。11は最長不出間隔を更新中な上に、8個しかないコールドから選んだものか迷いましたが、確率としては高いと判断。

残りは近い間隔を中心に、矢張り確率通りに出るを期待したい数字群を右脳のイメージで一捻りして匙加減。

さて、一話完結となりますやら?
予想数字12個
05,07,09,11,12,20,21,23,28,38,40,41

本数字で0512が的中。それに2等以外は用をなさないボーナス数字。いわゆる2.5ヒット止まり。

当日の妄想に書いたように、最後までイマジネーションが喚起できず。今週は準備不足・・というか、覚悟不足だったということでしょんないとします。手つき不十分で仕切り直し。

結果回顧を。05と12は同色球の想像から的中できた数字。13は追記で出現回数60回前後のリストに入っていましたが、うまく並べられず。33は週一ランナーさんなら三角形のピラミッドチャートから上手く選べていたでしょうな。本数字では間隔11で等間隔パターンだったけど、ボーナス数字込みの間隔では崩れていて、当日の妄想に止まったのみ。39,42はコールドではあってもキャリーオーバーに強い数字。現象論的には選べたかも?

で、先週が休みだった分も含めて10口購入。結果は裏買いから5等が1口。

ロト6第427回5等当選券

「4億円が出た」回で出現回数が多い上位6個を並べた超安直な組み合わせ。素直に喜べないような複雑な心境。実は「こんな組み合わせが本当に出たら1等は何百口と出てしまうのでは?」と余計なすけべ根性から、念のためATMでもう1口購入していました。ですから、正確には11口購入で5等2口。そちらの画像は・・もういいでしょ?

こんなのに一縷の望みでもかけたとしたら、ギャンブラーとしてはヤキが回ったかなぁ・・。姑息な手段に頼ったようで・・お恥ずかしい。

ま、コールド3個なんて面白い結果が出たのと、キャリーオーバー額がふくらんだので次回はもっともっと楽しめそうです。

2回続けて第三数字と第四数字の差が20で、今回のボーナス数字が20に。こんなパズル的な感覚のイマジネーションを大切に、左脳のデータ解析力と右脳の閃きを、これからせっせと磨いていきます。

そして、何よりも運やタイミングを大切に。

ギャンブラーとしての嗅覚が試される次回もドキドキ感を楽しみましょう。
今年からの新しいカテゴリーです。ま、こんな時間になってしまってUPしても、ご覧になる方がいらっしゃるやら?書いている本人も怪しく思っているくらいですので、独り言的に残した記録として読み流して頂ければ幸いです。

矢張り、抽せんの間隔が開いてしまうと勘も鈍りますな。元々、大した勘でもないけど・・。普段なら湧き出してくる抽せん当日の妄想も今一つ。

そうそう、夢の中・・というより、入眠の直前には20番台と30番台が抜ける組み合わせがやたらと思い浮かびました。これはキャリーオーバーに目がくらんで、チトとんでもない特異出目を選んでやろうという卑しい心根から出てきた、妄想というよりは「出てほしい。偏って欲しい。」なる願望ですな、多分。

で、くだくだと役にも立ちそうもない妄想を続けても無駄と見て結論を。

昨日のアナログ予想には書きませんでしたが、このところ削除数字にできるくらい不振だった等間隔がズラリ。

短か過ぎる間隔も含めてピタリなのは02,14,25,30,33にボーナス数字間隔も込みにすると01も。過去5回以内で03が3連発したから、ボーナスで3連発している04が4連発なんてのも、現象論的には面白い。これも一種の等間隔。

その他、等間隔リーチの11,19,36も・・次回送りにすべきか?前回は不発に終わった23は好調の間隔9。考え出すと迷いますなぁ。

何故に等間隔が気になるのか?いつぞやの(恐らく2年ほど前?)キャリーオーバー発生回で、等間隔から本数字が6個出てしまったのが鮮烈な記憶として残っているからでしょうね。見事に狙い撃ちできた方が羨ましかった。

不振の現象論データといっても、決して侮れず。忘れた頃に・・また揃ったら・・?

以上、本日の妄想でした。
数式頼りの左脳派式予想をやめてしまったことで、これまで水曜日の追記で定番のお題としてきたアナログ予想をどうしようか、と思案中。

昨日、公開した予想数字12個絞りも言ってみればアナログ予想のようなもの。間隔データやら暦データの解釈を載せたところで意味があるものかどうか?

人様と同じことをしていてはブログの存在意義がありませんものね。

ルーティンのスケジュールも含めて、今後の予定については今暫く考えます。

今週は従来通りに傾向分析やら気になったデータを・・。

節目の第430回が近付いていることから、今回も出現回数から出る確率が高くなって然るべき数字群を見てみると。

本数字では60回前後

59回 2個 07,38→勿論、予想12個絞りに入れました。
60回 3個 04,22,23
61回 3個 12,13,35

上記8個から2?3個。これが私が考える「確率通り」の範囲の一方。もう一方は54回以下の数字。

出現回数ではなく昇順で9個

02,14,21,24,32,34,40,42,43

こちらはケースバイケースの判断が必要。昨年は02と43が絶好調でしたからね。前回出た32も嘗て4週連発したことがありました。

過去2回、平均出現回数よりプラス側から3個、マイナス側から3個が続き、傾向としてはどうやらダラダラと平均化する流れは変わらないようです。

間隔データは・・誰が見ても同じ解釈ではつまらないでしょうから、来たら面白そうなシナリオを妄想中。もう一晩寝かせて、抽せん当日の閃きと共に明日まとめます。

何となく予想数字が漠然と増えてしまった感があるので、勘所らしきを。数字を3個ずつに区切った14分割データの解釈です。説明は遥か昔の記事『ロト6第368回予想数字追記』(2007年11月7日)をご参照あれ。

結論として、前回出た数字と同じブロックから3個は選ぶべし。念のため・・。

(04,05,06)
(07,08,09)
(28,29,30)
(31,32,33)
(37,38,39)

要するに、前回からの連発または同ブロック内からの±1、±2数字が3個以上出る可能性が高いと判断。但し、6個出てしまったことは過去には一度もありません。5個が上限です。6個出てしまったら・・恐ろしいけど・・。

これで、一応の追記まとめということで。ご参考になるものかどうか?怪しい、数学的根拠ない妄想数字を思いつくまま、明日、書き足す予定です。

今年は基本的に5口で勝負。チャンス到来と読めば買い足す方針で。1年間、右往左往してしまった結果、ギャンブラーに必要な嗅覚が取り戻せるかはまだ不明・・いやいや取り戻せないようでは・・困る。

それでも、夢だけは大きく・・。

皆様にも幸運を!
ロト6第427回予想数字
2009-01-06 Tue
12:52
今年最初の予想です。昨年の苦い経験から、今年は左脳頼りの偏った予想から脱却して、直観や勘、第六感もフル回転させた方法で戦績UPを目指そうと決意したものの、右脳がどの程度働いてくれるかは未知数。

試みに正月休みにありがちなトランプで小学生の甥っ子、姪っ子と対戦。神経衰弱?これはねぇ・・大人げないけど圧勝。記憶力は人並みなんですよね。勿論、十代、二十代の頃のようにはいきません。しかし、忘却曲線通りに記憶した情報が消去されていかないところを見ると、まだまだ私の記憶力も捨てたものじゃありませんし、右脳も多少は連動していると推測。

問題はババ抜き。こちらは完敗。矢張り勘やGut Feelingなる感覚はとても人並みとは言えず。

ま、こうしてロト6予想ブログを公開している以上「予想しないよりはマシ」を先ずは最低限の及第点とすべく、徐々に「2カ月に1回は4等」の感覚を取り戻していく予定です。

で、その精度が試される最初の予想では過去8回の年初の抽せん結果に注目。例の6分割分布表です。

年初抽せん結果6分割分布表(2001-2008)

年末最後の抽せんは下一桁9が多いなる情報をとあるサイトで見掛けまして・・昨年末もその通りになってしまった・・。二匹目の何とやらじゃありませんが、年初抽せんにも何か際立った特徴が見つかるものか・・?

うーむ。下一桁7と8が強い。従来なら45度の斜線を引いて短絡的に01,39,41あたりに目が行ってしまうところ・・左脳で見てはいけない・・右脳を・・。出たら面白そうなのは07,21,28あたり。過去3回、7倍数が1個も出ていないことからもさらに面白いかも?

因みに2004年の第168回が、数字が重ならない(つまり削除候補?)と言われている同月同日抽せんです。

さて、右脳もフル回転といっても、決してデータ予想を否定したり、排除する意図は毛頭ありません。ただ、過去6年間の購入経験から確率通りに出るのは本数字6個中2?3個が最も多く、実はジンクスやらオカルトを含む現象論から出た理由を説明できるケースの方が比率が高いのでは?とも感じ始めています。

ましてや数字相互の相関性や「理論値に収束するはず」といった仮説だけでは限界があると思うのです。

「理論値に収束するはず」という仮説は、数学に支配される左脳派予想の最も重要な根拠ではあるものの、ロト6の出目がランダムであれ、人為的操作を伴う疑似乱数であれ、一方通行ではやがて壁にぶつかる。

今後の予想では適切な傾向分析に磨きをかけ、使うべきデータから出るべくして出る数字の予想を目指したいと思います。

今回、様々なデータや予想方法を眺め回して興味を惹いたのが、昨年まで相互リンクでお世話になっていた週一ランナーさんが研究されていた方法。算出の詳細は省いてチョイと拝借して絞り込み。

予想数字12個
05,07,09,11,12,20,21,23,28,38,40,41

間隔4に残っている数字が漏れなく入りました。それが・・ミソ?

火曜日公開の予想数字はこれまで通り12個以内に、補足数字の意味合いもあるアナログ予想も変わらず水曜日に、加えて今回から『抽せん当日の妄想』なるカテゴリーを新設しました。データ更新してから「あーでもない、こーでもない。」と二転三転して、結局は土壇場で閃いた数字で当たったなんて経験から、良くも悪くも練られた数字を抽せん当日、木曜日の間に合う範囲で書き足してみようか、と。悪戦苦闘して迷える様を笑ってやって下さい。

取り敢えず、今年も皆勤目指して頑張ります。
2009年 新年のご挨拶
2009-01-01 Thu
00:00
新年 明けましておめでとうございます。

本日は木曜日。通常であれば、ロト6抽せん日。一年ぶりに勝負とはかけ離れた穏やかな木曜日を迎えています。

昨年の戦績はもう振り返りますまい。来週からは新たな勝負を。

昨年末でロト6購入歴が丸6年を迎えました。思うにくじ運に恵まれていたような?恵まれていなかったような?・・答えはまだ出ていません。

こうしてロト6予想ブログを公開しているからには、何か進歩を感じ取らなければ・・。

彼のイチローが「ヒットには理由がある。凡打にはヒントが隠されている。」とかいう意味の言葉を語っているのを聞いたことがあります。凡人、否々・・誤解を招くといけませんな、私個人には全く得難い感覚なのでしょう。

しかし、額面通りに解釈すれば「失敗は成功の元」かと。

ロト6の結果に一喜一憂しつつも、「6個の数字が出た意味を考える」そんな試みから、今年は一歩ずつでも着実に前に歩を進めて参りたいと願っています。

先ずは左脳頼りの予想を卒業することから・・。

でき得る限りの努力を怠らず。

そこから運を引き寄せる。

今年も一年間、よろしくお願いします。

皆々様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。