2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロト6第439回予想数字
2009-03-31 Tue
19:43
4月一週目の抽せんは、勝負勘が戻ってくれることを願う意味で、テンプレートもブログ開始当初のものに戻して挑みます。

3月最後の抽せんとなった前回は、ミニロト化でキャリーオーバーが消化されてしまったことよりも、12個発生していたスーパーホットナンバーが1個も出現しなかった結末に着目しました。

旬の数字は着々と入れ替わり始めているようです。4月は31が飛び抜けて多く出ている以外は、各数字が割と均等に出ている印象。そして、目下の傾向でも顕著な通り、前回±1数字が強い。今年はどうか?

本数字としての出現回数は、第438回終了時点で平均61.12回。04と22が負組に転落して、勝組:負組比率は21:22となりました。

さてさて、ボーナス数字を当せん数字として考慮するかどうかについては、未だに結論が出せません。出現回数に限っても、本数字では負組でも、ボーナス込みにすると勝組に入っている数字があったりで、取り扱いに苦慮しています。現状では間隔データとしてのみの解釈に利用。

予想12個絞りで本数字4個以上を含められないのは、この苦慮も一因かと思料します。

という訳で、今回の予想では若干ながらも、ボーナス数字が関与すると思われる解釈の範囲を広げてみました。文章で書くとゴチャゴチャとなるので、いきなり結論を。

予想数字12個
01,04,08,15,23,24,26,29,36,41,42,43

ポイントは前回±1数字、さらには14分割ブロックデータ、そして間隔5?9に残っている数字に注目。

12個中同色球が5個(01,08,15,29,36,43)含まれているため、組み合わせに工夫が必要です。逆に考えれば、買う必要がない組み合わせもあり。

コールドは間隔1のボーナス数字としても残っている15だけを選択。

明日は全体像と削除枠について追記します。
スポンサーサイト
抽せん結果 03,09,16,17,31,B42

予想数字12個
05,10,13,16,17,23,26,27,31,37,38,41

本数字で16,17,31が3個的中。今週も一応の及第点に。

左脳思考に偏った数式頼みの予想から、閃きや流れも重視した予想を試し続けて3カ月。漸く勝負勘も戻ってきたようです。来月からは12個に本数字4個が含められるように、より一層、努力します。

結果回顧を。

ボーナス込みで間隔5からの3カード。抽せん当日の妄想に書いたナントカ君理論も部分的には当たっていたような・・。3月に強いと言われながら、裏切り続けてきた下一桁6が最後になって出てきましたが、幾分印象が薄まったかな。

最後のボーナス数字から16と31が2個出現。31は間隔17のコールドであり、前回のボーナス数字。間隔17の誘因となったかのように本数字で17が出現。

ミニロト化でも1等が3口に止まったのは、こういう現象論やら、同色球の組み合わせパターンがやや特異だったのが原因かも知れませんね。

今回はキャリーオーバー発生回ということで、奮発して(?)10口購入。予想数字12個を組み合わせた5口は2ヒットばかり。こちらの勘は未だに不安定。

昨年12月まで、相互リンクでお世話になっていた週一ランナーさんからご教示頂いた予想方法で選んだ1口が5等に。有難や・・有難や。

ロト6第438回5等当選券

それでも1,000円赤が増えて、今年の収支は23,400円のマイナスに。へへっ!この程度のマイナスは4月中に回収してご覧にいれますぞよ!

4月は5回抽せんがありますね。中旬頃までは、まだまだ多忙な日々が続きますが、4月は週4回投稿をお約束します。

楽しみたくても楽しめたか怪しい3月最終回。

4月こそ楽しんで、回収してみせますとも!
世間は年度末で忙しい。ご多分に漏れず、私の会社も、お陰様でまずまず慌ただしい。そんな中、限られた時間でめぼしいデータを眺め回して、予想数字を12個に絞り込んでみたが、精度のほどは怪しく、何とも心許無い。

抽せん日が近付くに連れて、重大なデータやネタを見落としてはいまいか?と不安に駆られるのは毎週の恒例になっている。

しかし、今回は碌々データを見直したり、得ネタを探し回る時間がないから、出たとこ勝負同然となりそうだ。

これでは予想記事にならない・・そこで、無理無理にネタを絞り出してみる。

前回が間隔1&4の2ペア出現だった結果を受けての頼りない謎の法則で"ナントカ君理論"と称している。

要するにペア出現から漏れた数字が次回のペアとして出現する法則と理解しているが、実は詳細は謎だらけだ。一応、今回のケースに当てはめてみると・・間隔2&5に残っている数字から2ペアが出現するということになろうか。

間隔2 28,35,37
間隔5 08,20,42,B16

うーん・・?間隔2は35が過去10回中4回出現していることから出過ぎな印象。28,37を選択するのが賢明か?それとも、7倍数の同色で28,35を組んだ方が面白いか?

間隔5も本数字3個は出過ぎな印象の数字ばかり。さあ、困った。強いて選ぶなら、前回±1数字が好調を維持すると仮定して20,42が無難なよう。

ボーナス数字の16はどうだろう?またもやタイムリーにオカルト数字となっているイチローさんは最後の最後になって、いいとこ取りに成功したけれど、一郎さんの方は・・いずれ降ろされてしまうだろうね。可もあり不可もあり。

そうそう、前回は素数が5個本数字であったことも忘れてはならないね。奇数が5個だったという見方もあるけど・・。いずれにしても、偶数が3個以上かな?

間隔2&5からの2ペアが組めたところで、残りの2個はどうする?1個は間隔0で連発・・ヒットゾーンとしては02か43が無難なようだが、削除枠を特定できていないだけに迷う。21の3週連発は薄いと見た。

残る1個はコールドから。下一桁0が出て然るべきという解釈からは10,30,40どれにも可能性はありそう。前々回からの12→11→10なんて単純な流れもありか?10は等間隔だけに出たら出たで結果論として面白い。

ナントカ君理論による組み合わせ予想はこんな感じ。

あとは前回の間チャン数字、02-43に挟まれた01と21-23に挟まれた22をどうしようか?±1数字が強い時期が続く前提で1口は買ってみる。

最後に、妄想から湧き出た訳あり全体像、もしくは傾向として第175回の結果を挙げておきたい。

抽せん結果 02,03,10,22,28,40,(B43)

各出現間隔 0,5,1,1,8,34,(24)

間隔1のペアに連発1個。かなり遠い間隔から1個。先週と同じく30番台抜け。使われたのはDセット。今回と同じく26日抽せん。

数字そのものが似通うのか?全体像や傾向が似通うのか?ナントカ君理論とは、全く別の切り口で組み合わせを考えてみる予定。ここから何か閃いて下さる方があれば是幸い。

以上、今週は深夜就寝前に・・本日の妄想と独り言でした。  
ロト6第438回予想数字
2009-03-24 Tue
20:44
今週も例の如く、アナログ予想+αで絞り込み。

先ずは、変化に乏しい出現回数の二項分布から抽出した高確率ゾーンの数字15個を眺めてみました。

01,06,07,09,10,16,19,22,24,26,32,36,38,40,41

ご覧になった通り、万遍なく選ばれているようで、過去2回連続で抜けている6分割Eブロック(29?35)から32が1個選ばれているのみ。33,34,35が活況だった時期を過ぎて、確率計算では相対的に弱くなっているブロックと言えなくもありません。しかし、ブロック別で抜けるなら、A(01?07)が抜けて然るべきでしょうね。

平均化の流れもまずまずといったところから判断して、3?4個選択が無難か?

平均化と同時に前回±1数字も好調。好調過ぎるから、そろそろ途切れる?

さらに、前回からの連発をしつこく狙うとすると・・。

予想数字12個
05,10,13,16,17,23,26,27,31,37,38,41

最終的に前回±1数字はボーナス数字で出た15の+1である16のみ選択。

そして、忘れた頃に出そうで、どうしても捨てられない等間隔の10と41を含めました。この2個は本当に本当に最後まで悩んだのですよ。

間隔ペアが出るとしたら、0か1になりました。

最後のボーナス数字から13,16,31の3個、本数字間隔のコールドは10,13,31の3個。平均化が弱くもズルズルと長引くケース、17,31,37を選んだように、出現回数上位の数字が混じるケース、どちらも想定した中途半端な結論となりました。それが吉と出るか凶と出るか・・?

今回は折角のキャリーオーバー発生回なんで、取り敢えずは、ここから5口買います。それに加えて、抽せん当日に思いついた数字から5口の合計10口購入予定。

考え過ぎると当たらない実感から、今週も予想追記はお休みします。「表だ、裏だ。」と数字をいじくり回して、迷いを深めてしまうよりも、集中力が高まった状態の思いつきを信じてみます。

皆様にも幸運を!
抽せん結果 02,05,11,21,23,43,B15

予想数字12個
01,04,07,11,19,20,21,23,25,35,36,39

本数字で11,21,23が的中。12個絞りは、久々に一応の及第点に。

しかし、左端抜けに両足を乗せて購入した5口は2ヒット止まり。またもや5等に届かず。

強情張っても、後悔しても無駄は承知で・・「買い渋るんじゃなかった・・。」

結果回顧を。

間隔1&4の2ペアに間隔0&5から各1個。下一桁1&3の揃い踏みで、30番台が抜けた以外は特異出目とも思えず。何故、1等が1口だったのだろう?

近い間隔にヤマを張っていた方が意外に少なかったということでしょうか?

コールド5個が初めて出現した次回だっただけに、傾向分析そのものが難しかったのかも知れませんね。

結果的にキャリーオーバーが発生して、楽しみが増えました。これが大事ですよね。

このところ、スルガ銀行ATMで買ったランダム5口に連敗したり、予想も及第点に届かなかったりで、息詰まるくらい、気ばかり焦っていましたから。

今回の結果を見ても、大きな勝負は4月初旬との予定は変わらず。次回は12個絞りに本数字が4個入るように、ぼちぼちと準備を進めます。

今年の収支は1,000円赤が増えて、22,400円のマイナスに。1回当たり約2,000円ずつの負けかぁ・・。ま、大丈夫っスよ。回収できる時期が必ずあるから。

そんなことより、次回もドキドキ感を楽しみましょうじゃありませんか?
毎週のことながら、火曜日の晩に予想数字12個を公開してから、抽せん当日まで、「本当にあの12個で良かったのか?」と迷う。迷いがないにこしたことはないが、妄想渦巻くのも致し方ない。

本当は6個選べば、事足りるのだから、その倍の12個でも多過ぎるのかも知れない。しかし、その6個が迷いなく思い浮かぶなら、造作もないことだろう。12個まで絞り込むことで、組み合わせに悩む必要がなくなる・・これはこれでハイリスクハイリターンなのだと自分の中では納得している。

さて、本日の妄想。

本数字での出現回数平均は、先週の第436回終了時点で60.84回。一度、負組に転落した22と23が61回となって、再度、平均以上の勝組に復帰したことで、貧乏くじを引いた形の01と38の取り扱いが厄介だと感じている。

どちらも予想数字12個には入らなかったが、出て然るべき理由は多々ある。問題は切れるか切れないか?だ。2個同時に出るようなことになると、勝組:負組の比率が25:18と大きく勝組に偏る。

暫く続いた平均化の傾向も一段落といった結果が過去2回に見られる。だから余計に迷う。

現段階の結論として、01は捨て、38は残す。

6分割Aブロック(01?07)は過去20回で4回抜けたのみ。その活況も徐々に失速して、第一数字が大きくなる時期と読んでいる。勿論、確率には縛られるから、毎週抜けるという意味ではない。10回中2回しか抜けなかったのが、3回、4回と抜けが目立つようになるということ。

だから、今回の全体像は左端抜け。第一数字は08以上、場合によっては0番台抜けもあると見た。

右端は難しい。35,36→37→38と順調に来て、今回は39へと続いたものか?上手く行き過ぎの感がないでもないが、1口は買う。

40番台は一頃の出過ぎなほどの勢いはなくなった。間隔5以内に残っている41,42,43の3個を今一度、吟味してみれば十分か。

その42,43を含む残り方が何となく気味悪い間隔4ではなく、復調し始めた間隔0と2のペアを狙う予定。

忘れた頃に・・フルハウス・・なんて、どうだろう?いかにコールド5個出現の翌回とはいえ、穿ち過ぎかな?

以上、本日の妄想と独り言でした。
ロト6第437回予想数字
2009-03-17 Tue
20:55
先週のコールド5個出現が、直後にどう影響するかを見極める意図からも、当たり障りのない確率論及び14分割データから、予想数字を絞り込みました。

予想数字12個
01,04,07,11,19,20,21,23,25,35,36,39

今週も同色球(04,11,25,39)にやや偏りがあります。

間隔ペアはボーナス数字も込みで0?4まで幅広く想定。

コールドは本数字間隔14で、間隔7の最後のボーナス数字でもある07のみ選択。14分割データでは13,14,15のブロックが出るべき時期も、今回は見送り。

見落としているデータがなければ良いのですが、コールドは出ても2個が上限で十分ではないでしょうか?07の他に選択を迷ったのは06と10の2個。

スーパーホットナンバーは14個に減りました。矢張り、徐々にではあっても、旬の数字は入れ替わり始めているようです。

08,12,16,19,20,21,25,26,33,34,35,37,42,43

短い間隔で出過ぎている数字と40番台は別として、ここから4個出る可能性あり。2等以外は用をなさないボーナス数字を含むことをお忘れなく。

今週も様子見で、まだポイントが絞り切れていません。明日の追記は今週もお休みして、今一度じっくりと、全体像から見直す予定です。

大きなチャンス到来との感触はなく、小口購入に止める見込み。あとは抽せん当日の思いつきに従って・・小さく勝負。

皆様にも幸運を!
抽せん結果 04,12,21,22,27,38,B31

予想数字12個
01,04,08,11,18,22,25,26,32,35,39,43

本数字で0422が的中。

本数字間隔では、初めてのコールド5個。しかも同色球なし。とても買えない組み合わせ。

12の3週連発も予想できず、あっさりと降参しました。

でもね・・何かスッキリしましたね。分布が正常に戻ったみたいで。コールドも減ったし、最後のボーナス数字も減ったし・・。

そのコールド12個をロトマスター1 幸運の数字組み合わせのシステム405で組み合わせた42口・・4等が5口に5等が16口も・・ありゃりゃ。43,100円ものプラスに。

思い切って、コールドに山を張った方がいらっしゃいましたら・・あなた様はスゴイ!

抽せん当日に「ドラスティックに潮目が変わることはないらしい」なんぞとヌカしていた私にとっては論外の結果となりましたが、次回こそチャンスとは捉えずに、このまま3月は様子見を続けます。

今年の収支は2,000円赤が増えて、21,400円のマイナスに。

ところで過日、ライブドアのヘッドラインで下記のような見出し記事を見つけました。いつまで残っている記事かは分かりかねますので、ご興味を持たれた方は、お早めにご覧下さいね。

惜しい負け 脳は「勝った」と誤解して 「次は次は」と ドツボにはまる

うーむ。純然たる脳生理学の研究としては、どうやら画期的な新知見のようですなぁ。しかし、記事の論旨は視点が狭過ぎて、個人的に受け入れ難い。ロト6予想を楽しんでいる方なら、ご理解頂けるのでは?「木を見て森を見ず。」と。

また、「数学に強い人間ほどギャンブルには手を出さない。」という俗説もあるそうな。本当かね?

私にとって、ロト6予想は果てなき挑戦。負けても懲りずに買い続けるけど、依存症だなんて自覚はありませんなぁ。

こういう楽しみもないと人生やってられない・・そう思うのみ。
昨晩は追記を省略して、妄想に任せるまま、一生懸命に具体像を思い浮かべようと試みた。が、一年間も数式頼りの予想を続けてしまったせいか、右脳が思うように働いてくれない。それはつまり、何の閃きも得られなかったということである。

致し方ない。アナログ予想を続ける内に嗅覚が戻ってくれるのを祈るのみ。

何も閃かないのであれば、せめて、押さえておくべきデータや定石の見落としがないかと図表を眺め回していたところ、妙なことに気がついた。妙と言っても極僅かの異変に過ぎないが・・。

過去10回に出現した本数字は31個。過去5回では22個。その差僅かに9個。これは、間隔5以内からの再出現がいかに多かったかを示している。言い換えれば、少数の限られた数字の勢いが強く、確率的に出て然るべき数字が出る機会を逸しているということだ。

だからといって、急に理論値通りに出るとも限らない。43個の数字に個々の出癖があるように思われる所以である。

今週も参考迄に、出現回数の二項分布から算出した高確率ゾーンの数字15個を挙げてみる。いつもの如く、対象にはボーナス数字を含んでいない。

06,07,11,16,19,21,22,24,26,30,32,36,38,40,41

前回は14個挙げて、11と28の2個のみ的中。間口を広げれば、的中率も必然的に、もう少しは高くなるはずであるが、それでは意味がない。予想数字を絞り込むために、高確率ゾーンの出て然るべき数字として抽出しているのだから、私見では15個でも多過ぎる位だ。ましてや、最低でも本数字が3個入らなければ、用をなさないデータとなってしまう。

さて、それはさて置き、間隔5以内からの再出現が極端に多くなった時点の反動として考えられるのが、コールドの複数出現、または間隔6?9でのペア出現である。

この間隔を解釈する上で厄介なのが、8個残っている最後のボーナス数字・・。

04,07,13,16,21,25,27,31

ボーナス数字としてもコールドの31は軸に据える必要は全くないだろう。

特定の間隔に強い数字として見た場合どうか?

○ 16
△ 04,07
× 13,21,25,31
? 27

こんなところか・・。

そして、本数字でも特定の間隔に強い数字に注目したい。

間隔8 39
間隔9 06,32

上記3個はいずれも要注意である。特に本数字間隔9のペア出現は過去7回・・ほぼ統計値通りの実績。

順当であれば、間隔0?2のペアを選ぶのが無難であるが、大穴狙いも一興。3月に強い下一桁6も前回は不発。今回はどうか?

06,16,32,39に2個足した、間隔9ペアの組み合わせも、大穴狙いで1口買ってみる。

平均化の傾向は一段落した印象も、ドラスティックに潮目が変わることはないらしい。今回も含めて、あと2?3回はダラダラと同じような傾向が続いて、気が付いた時には、旬の数字が入れ替わり始めていた・・現段階ではそれが4月に入ってからと予測している。

以上、本日の妄想と独り言でした。
ロト6第436回予想数字
2009-03-10 Tue
18:57
今週は左脳5割、右脳5割のアナログ予想+αで12個に絞り込みました。

予想数字12個
01,04,08,11,18,22,25,26,32,35,39,43

先週までこだわっていたコールドは04と22の2個。04は間隔9のボーナス数字でもあり・・同じ間隔9の06と32が強そうで、かなり迷いました。3月は下一桁6がたいそう強いそうで、実はまだ迷っています。

前回からの連発は11と35を選択。35は意外にも、ボーナス込みでも2週連発が最高。初の3週連発に期待して。

ご覧になった通り、同色球のバランスが良くありません。

(01,08,22,43)と(04,11,18,25,32,39)のグループに偏っています。それだけに組み合わせに工夫が必要ですな。買う必要がない、確率が低い組み合わせも数多い。

さらに、第一数字と第六数字の差が相も変わらず開く一方なのか、どちらかの端が抜けるパターンなのか?両端共に抜けてしまうパターンなのか?現段階では確定に至らず。大まかな全体像としては、番台抜け無しの数字間差が大きいパターンをイメージ。

今回は水曜日恒例の追記をお休みさせて頂きます。手抜きやネタ切れではなく、3月は様子見を決め込みたいので・・。近い間隔の数字が集中するチャンス到来は、多分、今月最終回か4月になってからと予測。

従って、大きな勝負は避けます。12個絞りの選から次点で漏れた06,27,28を補足数字に含ませて10口購入予定。27は前回、ボーナス数字で出ましたが、本数字では間隔26。次回送りにした方が面白いかも?

あとは抽せん当日までの閃きを期待して・・。

皆様にも幸運を!
抽せん結果 02,11,12,28,35,37,B27

表予想数字12個
02,04,06,07,13,14,15,22,24,37,40,41

裏予想数字12個
05,09,11,16,17,20,21,23,29,33,35,36

24個も挙げておいて、本数字各2個ずつ的中では、お話にもならず。

迷いが抜けないまま、抽せん当日の思いつき通りに購入した5口は2ヒット止まりでした。刺激を求めて、スルガ銀行ATMで購入したクイックピック5口も今回はハズレ。

3月初めの抽せんで、大よその傾向は判断できたつもり。次回は迷いなく、12個絞りに注力します。

今回は、左端抜けにはならず、さらに連番が出てしまい・・万事休す。前回±1数字も相変わらず強い。コールドが1個しか出なかったのも大きな誤算。

全て次回予想に活かせますように・・。

今年の収支は19,400円のマイナスに。もう少し買って、可能性を広げてみようか、と。来週はクイックピックはやめて、予想数字の組み合わせで10口・・勝負。また、出直しです。
一晩寝かせてみて出した結論を。

やっぱりコールドは2個以上。統計的にも2個または3個に十分な余地あり。

具体的には・・間隔14に14というのが引っ掛かっている。どうもね・・。

前々回は11、前回は36が出て、平均化と同時に超勝組のトップ争いも動き始めている印象。下一桁0が不振から脱する機会と見て、30はどうだろうか?30もコールドだ。

今回は3月第一週の抽せん。自前のデータを示すべきも、時間に追われているので割愛。人様のサイトのリンクをご参照あれ。

【ロト予想屋への道】月別?頻度表

下一桁6が強いね。過去10回は奇数始まりが6回。偶数でもある06始まりも可能性として考慮する必要ありか?否々、本音では全体像を俯瞰して、第429回のような左端抜けが思い浮かんでいる。大胆にも、本命予想は第一数字を14で行ってみるか・・。

間隔2からのペアが2回続いて絶好調。私の解釈はゲイル理論とは逆。多く出ているからこそ、好調の間隔からは選ぶべし。前回抜けた20番台から20または23が有力かな?

間隔2にボーナス数字で残っている16は一郎さんとイチローさん絡みでオカルト数字だそうな。が、どちらも良い意味で注目されているとは言い難い。16は捨てる。

ついでに加えると、16,17,18のブロックは出始めると勢いがあるけど、現状では、勢いが持続していない模様。前回出た35とのなさぬ仲の17だけは1口は買い。

連番は・・段々と理論値に収束するように、1組と2組は出なくなるだろうね。今回は0組と見た。

間隔5が底を打つべき時期という前提ならば、17,25,29,37はどれも候補になり得る。ボーナス数字で残っている07も勿論だけど・・今回は断念。

40番台は表予想で40,41を挙げた。「確率通り」を期待しての選択。連番無しと予想した手前、両方は選べない。これまた、前回ボーナス数字で出た37とのなさぬ仲から40を有望視。

出たり出なかったりの○○×○パターンに当てはまる24はどうか?間隔1が不安定なだけに迷う。間隔2から23を買うなら、24は潔く捨てる。20を買うなら、24も買ってみる。

最後は間隔8で怪しく臭う06と32をどう解釈するか。本命予想は左端抜け狙いだから、3月に強くとも、06は捨てる。32はどこかで組み合わせてみる。

結論としては、今週も表裏折衷案に落ち着いてしまった。どちらかと言えば、表予想強めで。これから組み合わせてみて、妥当な買い目を探ってみる予定。勿論、今週もQP君とも勝負。

以上、本日の妄想と独り言でした。
本日は予告通り、裏予想数字12個の公開です。

旬の数字が入れ替わらなかった前提で、面白くも何ともない一話完結のシナリオ。

裏予想数字12個
05,09,11,16,17,20,21,23,29,33,35,36

正攻法とは言わないまでも、私なりの「出て然るべき」選択基準で絞り込みました。

そうそう・・正攻法といえば、本数字出現回数の二項分布から算出した高確率ゾーンの数字14個をご参考迄。

06,07,11,16,19,21,24,28,30,32,36,38,40,41

前回は、同じく14個から3個以上的中を期待しましたが、19と36が2個的中しただけ。今回は少々、傾向に変化が見られるような数字もあり、「確率通り出る」かどうか?

数字を多面的に眺め回してみると、単独のデータから本数字6個が出てしまうことは、まずあり得ないでしょうけどね・・。

表裏各12個、合計24個も候補数字を使ってしまうと、ヒット数は上がっても、組み合わせは確実に難しくなります。選から漏れた19個に本数字が3個入ってしまったら、5等すら難しくなるのは間違いありませんし・・。

今週も抽せん前夜は迷走している段階。一晩寝かせてみて、結論が出るか?先週のように、買いに出る直前になって、「ビビッ!」と閃いてくれることを期待して・・。何口買うかも合わせて、明日までじっくりと考えます。出てきた数字が案外、いいトコ突いているかも知れませんよ。

実は・・スルガ銀行ATMで購入したランダム5口に2週連敗中で、些か自身にプレッシャーをかけています。しっかし、あまり厳めしい面して考え込んでも、いいことないスね。

当たったら当たったで「ニヤリ」と笑えば良し。ハズレたらハズレたで笑って誤魔化せば良し。いい意味でのリラックスも閃きには必要スね。

笑門来福

QP君に3連敗したら?・・笑うしかないか?

皆様にも幸運を!
ロト6第435回予想数字
2009-03-03 Tue
20:35
今週も旬の数字が入れ替わり始めるか様子見で、コールドと最後のボーナス数字を念頭に置いて選択。表裏各12個の2段階予想・・要はまだ確定的な結論が出ていない推論の段階です。

表予想数字12個
02,04,06,07,13,14,15,22,24,37,40,41

前回たった一回で、ゲイル理論の基準値を折り返してしまいましたね。統計値だけ見ると、過去に何度か繰り返された実績あり。

上記12個に本数字が4個入れば、少ない購入口数で4等もチャンスありですが、かなり極端な選択だけに組み合わせに工夫が必要です。逆に買う必要がない組み合わせも、それなりに多く含まれます。コールドは3個までと想定しては如何でしょうか?

表が極端なら、裏も極端で。

明日は、その裏予想数字12個を追記します。

最終的な結論が出るのは早くても、表裏よくよく吟味してからにならざるを得ません。今回も優柔不断でお恥ずかしい。出した結論を抽せん当日に公開することに意味があるのか?ま、理想を言えば、遅くとも週末には予想数字12個が固まるにこしたことはありませんがね・・現実には理想からはほど遠い。

今は、ご参照頂ける期日が限られてしまっても、予想の精度を高める方に傾注します。公開が早くても当たらない予想では意味がありませんから・・。

それに、先ずは自分が実績を積み重ねなければ、購入歴やら理屈だけ立派では信憑性が上がらない。結果を出して箔をつけたい。これが目下の課題と自覚しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。