2009 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 06
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抽せん結果 15,23,29,36,42,43,B34

予想数字12個
06,08,09,10,13,19,25,26,30,31,34,43

本数字で43が1個だけとボーナス数字が的中。

追記と当日に書いた間隔9のペア15,43が出ましたね。34はボーナス数字で残念でした。

同色球4個(15,29,36,43)に、過去10回中、本数字で4回出現の絶好調数字23、さらに第395,410,428各回に続いてまたもや揃い踏みの42,43が。

どういう理屈で、このような組み合わせになったものか?

やっぱり狙うべきデータと再現性が低くなってきたデータ、言い換えれば「収まるべき向きに収まってきたデータ」の振幅が大きな傾向が継続していると感じます。

しかし・・これで、次回は狙いが絞り易くなったんじゃないスか?少なくとも、コールドは意識しないで、大きな勝負に挑めそうです。

購入したのは10口。例によって、表から5口と裏から5口。その裏5口から5等が2口でトントン。ちょっぴり4等が近付いて来そうな予感・・?

ロト6第447回5等2口当選券

ウーム・・。数字が見えるようになったのではなくて、勘が戻ってきただけかも知れません。

それと、火曜日に公開する予想は確率通りに収束するかの如き戦績なのに、抽せん当日に選んだ数字はまずまず・・。ま、22個も数字を使ってしまったから、組み合わせの定石に従えば、よほどおかしな並びにはならないから、5等が当たったからといって、決して自慢にはなりませんが・・。

ブログのあり方を見直そうと、色々と考えてはいますが、なかなか結論は出せず、暫くは、この体裁を続けます。火曜日にUPしている予想数字12個が当たらないのは、十分に練れていないから・・理由は分かっているのですが、私の理想として、予想数字は、でき得ることなら抽せん直後に出したいくらいの願望もありまして、ジレンマに苦しみます。

精度が高く、的中率も高い予想が公開できるのなら、当日になってノコノコUPするのもありかな?と迷ったり・・。ま、ブログの在り方については、今暫く迷います。

やっと5月も終わって、次週の抽せんは6月ですね。

後半になって焦らないように・・そろそろ回収に入りたいものです。
スポンサーサイト
ニューエイジとは?

Wikipediaより引用

何故に、このようなムーヴメントが興ったかの説明が不十分な感は否めないが、私が興味を持ち始めたパワーストーンも、ニューエイジ運動の具体的な構成要素として挙げられている。

これを深く掘り下げて、理解を深めるか否かは、個人的にどうするかであって、ロト6の抽せん当日に投稿する記事の内容としては論旨を外しているであろうから、単刀直入に結論を。

表題の通り、"イメージ投射"により、最初に見えた数字は34と43であった。先週の抽せん結果をデータ更新している最中に思い浮かんだ2個。

間隔1が活性化し始めた時期でもある。従前の如く、左脳による判断で数字を選択すれば、象徴的なコンビである37,40が、特に冷え切ったコールドから出た40が間隔1に強い数字であり、且つ下一桁0が復調しつつある気配から、間違いなく予想数字に含まれたであろう。

実は10と40については、今もって尚、迷っている。出たら出たで、それなりの理由が用意できてしまっているからである。間隔1からのペア出現がないとも言い切れない。

この辺りは、毎週の迷走ぶりと何ら変わることはない。

できるだけ、予想数字は増やしたくないが致し方ない。40はどこかで1口は買う。

さらに昨日の追記で、コールドは1?2個と予測したが、これは本数字間隔でのコールドである。色々とややこしいな。ここも結論をズバリ。間隔9のボーナス数字として残っている15が気になって仕方ない。

15が出るとなると、最多出現の相棒となった30を連れてはこないか?

5倍数が強い時期が暫く続いて、前回漸く途切れたのだが、統計的に見ても、5倍数はもっと出て然るべきグループである。この2個も出たら出たで、それなりの理由ができてしまっている。15が本数字間隔では間隔30というのも、何かの因縁があるようで(?)引っ掛かる。

左脳が迷走を始めると、"イメージ投射"を担う右脳が縮こまってしまって、数字が湧き出さなくなってしまう。

あっ?!冒頭でニューエイジのリファレンスを載せた意図は何だったかな?

集中力が途切れてきたので、今回はこの程度にとどめよう。余程のことがない限り、予想数字に15と40を追加して買う。間隔9のペア出現なんて面白いかもね。

以上、本日の妄想と独り言でした。
本日のお題は、昨今の傾向分析についてです。

と申しましても、傾向分析の基となるデータに振り回されている現状とあっては、何をか言わんや・・ですが。

前回は15個発生していたスーパーホットナンバーから、ボーナス数字も含めて出現がありませんでした。思い切って、この15個を最初から削除していたら・・随分と的中率も高くなっていたでしょうな。或いは、1等の当せん口数が多かったこととも無関係ではないかも知れません。

いずれにしても、旬の数字が略入れ替り終わりつつある印象を受けました。

スーパーホットナンバーは今回16個発生しています。

02,03,05,09,10,16,17,18,20,21,23,27,30,32,41,42

前回からの反動があるか?引き続き頼りにならないか?・・今回は様子見でしょうね。

間隔データに於いては、ボーナス数字の関与に大きく左右されているの間隔9の出現個数が目立ちます。従って本数字で残っている43とボーナス数字の15は大穴だったりして・・?

昨日の予想数字12個から意識的に削除したグループがありました。

05,11,17,23,29,35,41

私が新6分割と称している分割データのブロックで、過去10回連続で出現。しかも、3個出現が2回、2個出現が3回。「いい加減、抜けてくれ。」との願望も込めて・・。

コールドは1?2個と予測。その分、次回あたりは、コールドなしを期待。

下一桁は今回も後半の5?9が多めになるんじゃ?

ときに、同月同日抽せんをチェックするようになって、「何かある?」とお気付きになった方もいらっしゃるのでは?今回と同じ5月28日抽せんは過去に皆無。それならばと、5年前の2004年5月27日の第188回抽せんの結果は・・

03,08,18,25,26,39,B38

で、1等は10口。どことなく、先週の結果と似通っていません?

その翌週、第189回(2004年6月3日)の結果は・・

03,32,35,36,39,40,B05

で、1等は1口2億円。

うーむ。これだけ偏ると、1等が1口しか出なかった結果にも納得・・です。

こういう特異出目(?)を想定して、何口か買って、一人勝ちを狙ってみるのも面白そうですな。ま、本音では6数字合計の理論平均132に近い結果が第434回から3回続いて、第437回以降ご無沙汰していることから、「そろそろかな?」と無難な並びを狙うつもりです。

削除枠、番台抜けもリスクを分散させて万遍なく、先週当たった5等もつぎ込んで10口勝負。

もう一晩ありますからね。例の"イメージ投射"をギリギリまで繰り返して、感触を確かめてみます。一応、抽せん当日の妄想と独り言は、できる範囲でUPする予定です。

5月最後の抽せん・・皆様にも幸運を!
ロト6第447回予想数字
2009-05-26 Tue
20:05
今月も月末と週末が重なる過密スケジュールの中、何とか予想公開に漕ぎ着けました。

先週は「上手くいけば」なる前提の下で、間隔5以内の数字を12個挙げて失敗。データの振幅が激しい時期に、出現回数と間隔データを中心にまとめた新たな指標を導入して試してみたものの、匙加減よりも、精度が高い時期の見極めが難しいことを痛感しました。

さてさて、そこで、今回は、どうせデータに振り回されるくらいなら、前回、5等当せんまでは達成するに至った"イメージ投射"で選択した数字に重点を置いて、左脳2割5分:右脳7割5分程度の割合で、12個に絞り込み。

予想数字12個
06,08,09,10,13,19,25,26,30,31,34,43

私自身の手応えとしては、まだ初期段階の素案といった感じ。

しかし、時間を費やせば費やしただけ、精度が高くなるという性質の方法でもないので、このまま12個で組み合わせをしてみて、見直す必要があるかどうか判断します。

できることなら、修正や補足が不要でありますように・・。

従来のアナログ予想的な傾向分析その他は明日の晩に追記します。

実際は、その追記が必要かどうか?怪しい・・。抽せんが近付いて切羽詰まるほど、数字が見えて来るのやも知れず、暫くは手探り状態ですな。「無責任!」とお笑い下さい。

では、また明日。
抽せん結果 03,08,17,26,27,36,B13

予想数字12個
06,10,13,22,26,29,30,33,35,37,39,40

本数字で26が1個だけ的中。間隔5以内の数字のみに絞り込んだ作戦は失敗に終わりました。

補足数字6個
04,05,07,14,15,38

こちらは全くの的外れ。かすりもせず。

結果回顧を。

大穴狙いの間隔5以内からは連発の26とボーナス数字が出ただけ。間隔7のペアにコールド2個では、結局のところ、万事休すの結果に終結。

各数字出現回数と間隔データだけでも振幅が激しい時期に、何かボーダーラインとなり得べき指標を導入してみようという試みでしたが、よくよく振り返ってみれば、むしろ予想数字が偏って、結果はマズい方に・・。

これを教訓に、次回は指標の解釈が偏らない前提の予想を考え直します。今回の結果だけを見た印象でも、近い間隔からの数字に出現が集中するには時期尚早といった感じ。

下一桁6と7が久々に2組揃いましたね。狙い撃ちできた方々、お見事でした。

追記の最後に漏らした3連番もしくは連番2組、同色球3個は出ませんでした。犠牲になるデータもあることを、今後も常に肝に銘じます。

今回も購入したのは中途半端に8口。先に予想数字12個から組み合わせた3口は当然の如く撃沈。残りの5口の中から5等が1口。

ロト6第446回5等当選券

また600円赤が増えたことは別として、この5等が当たった組み合わせは、全くデータを参照しないで選んだ1口でした。

いつぞや、オーラ診断を受けてみて、弱っているチャクラを蘇生させるパワーストーンを購入したような記事を書きましたが、投資に見合った効果を得られるように、日々、"イメージ投射"なる訓練を重ねて思い浮かべた数字です。

以前にも申しましたように、私はオカルトやジンクスは否定しません。ただ、神頼みは一切しないほど、宗教的な意味での信心は薄い。

ここで、突然に神秘主義に傾倒し始めた訳でもありませんが、直観力に乏しい私でも、訓練を重ねれば「数字が見える」ようになるのかも知れませんな。

そうそう、今年は数式頼み一辺倒を脱するのが、年初に掲げた課題でもありました。

今回は偶然に当たったのか?本当に数字が見え始めたのか?こういう話題は来週から、抽せん当日の妄想と独り言でネタに挙げていくつもりです。

何はともあれ、5月最後の抽せんも、あらゆる手法を用いてでも全力で・・。

夢を射止めるための挑戦はまだまだこれからです。
今日は20日。仕事上の入出金が多々あるのに加えて、給与の締日でもあり、要出勤日数なんぞを見ていたら、当たり前に今月は稼働日数が少ない。「ははーん。どうりで残業も多い訳だ。」と、ひとり納得しながら、追記の投稿が遅くなりました。

昨晩も強調したように、昨今は各種データの振幅が大きい。従って、データ頼みで「これは!」と狙いを絞り込み難い。そんな中で、昨日の予想では間隔5以内の出現数字12個にヤマを張りました。

本音では「シャンシャン!!」と、この12個に本数字が4個以上入って欲しい・・。

一方では、毎度のことながら「これで本当に大丈夫か?」と迷う。

ま、狙いが絞り込み易い時期になるまでは、一見安直とも思える予想を試みるのも一興。振幅が大きな時期は狙いを絞っても、そう簡単には当たらないものですよ。

一応、気になる補足数字を。

軸がブレてしまわないように、数回前の予想で挙げた活性化しそうな、14分割のゾーンから・・。

04,05,14,15,38

さらに最後のボーナス数字から07くらいまででしょうか?

削除枠は予想数字12個にも入らなかった6分割C(15?21)が堅いか?

番台抜けまでは判断しかねるところ。何せ、確率通りにも流れ通りにも抜けてくれませんのでね。ここは、あまり大胆な賭けをしないで、万遍なく買う安全策を選びます。

今週もネタ切れ気味・・というより、どのネタも確実性に欠けるようで、両足を乗せてしまったのは、近い間隔の数字のみ。

妄想も碌に湧きませんで、明日の投稿はお休みさせて頂きます。

一般論として、ドリームジャンボが発売され始めたのが原因で、ロト6の売上が低下するのを防ぐためにも、キャリーオーバーを発生させたいのが胴元の意向とか?

偶然かどうかは想像の域を出ないとして、今週のミニロトは第一数字が18と偏りましたしね。ロト6も偏るのかも知れませんよ。

ある種のマル秘データでは3連番、もしくは連番2組が出易い状況。或いは同色球3個とか?

最後に本音を漏らしたところで、今週の購入は5口+α程度に止める予定。第3週の結果で、キャリーオーバーが発生して、第4週にもう少し大きな勝負に出る・・なんてシナリオ通りになったら面白い・・。

ジャンボに浮気をしないで、ロト6に賭ける皆様にも幸運を!
ロト6第446回予想数字
2009-05-19 Tue
20:31
昨日、前回の結果報告をして、つい先ほどまでかかって、先週分のデータ更新を済ませて、今週は慌ただしい中、予想に何とか漕ぎ着けました。

最近の結果を見ると、こと出現回数、間隔データだけでも、大きな振幅を感じます。つまり、理論値に収束する方向と発散する向きが安定していないということ。

従って、前回や前々回と同じ選択基準で予想をしてしまうと、振幅をつかみ損ねて、データに振り回されかねない。

そこで、今回はチョイと趣向を変えて、傾向分析の指標を固定・・要するに、これも丁半博打には違いありませんけどね。少なくとも中途半端な結果にはならないはず。

指標としたのは第106回と第254回のデータ。間隔データだけ見ると、いかに偏った結果であったか、お分かりでしょう。

これを二次元の座標軸に当てはめて、予想数字12個を算出。

予想数字12個
06,10,13,22,26,29,30,33,35,37,39,40

ご覧の通り、全て間隔5以内から選択。前回からの連発、つまり間隔0だけでも、10,26,37,40と4個も入りました。

上手くツボにはまってくれれば、2ペアどころか、3ペア、フルハウスもありありですよ。

逆に・・間隔6以降から本数字が3個以上出てしまったら・・万事休す・・です。

そうならないためにも、その他の目ぼしいデータを見直して、明日は補足数字、または、上記12個に含まれていても捨てて構わない可能性が高い数字、分割データの削除枠等々について追記します。勿論・・データに振り回されないように用心しながら・・ですな。
抽せん結果 10,20,23,26,37,40,B09

予想数字12個
02,05,13,20,27,28,30,31,34,36,38,42

本数字で20が1個だけ的中。

さらに追記した裏予想数字12個
06,09,11,16,18,19,22,24,26,29,33,35

本数字で26が1個とボーナス数字が辛うじて入りました。

ご覧の通り、24個も予想数字を挙げて2.5ヒットでは・・目も当てられない。「穴があったら入りたい」というのは、こういう心境を云うんでしょうな。お恥ずかしい限りで・・。

購入したのも結局は8口で、カスリもせずの全滅。最後まで「これなら」という買い目が組めませんでした。

で、あまりにも結果が安定しないまま予想を続けて、「意味があるのか?」と、半ば悲嘆にくれて(冗談です・・まあ色々とありまして)、結果報告が月曜日になってしまいました。

今後、どういう方向でブログを続けていくかも悩んだまま五里霧中。

取り敢えず、ブログ2周年を迎える9月までは、このままのルーティーンを続けます。

先々週の連休中に、下記2冊の書籍をじっくりと読んで、当たらない予想方法については、朧気に把握しかけているような段階を自覚。

◆偶然とカオス

◆カオスと偶然の数学―ランダムネス、確率、そして複雑性へ

今のところ、カオスを予想に取り入れる予定はありません。しかし、両書籍の内容とロト6または数字選択式宝くじに関する考察について、いずれは新しいカテゴリーを興して、ざっくばらんに思うところを申し述べてみようと予定しています。

私は全体の構想がまとまってからでないと、筆が進まない性格なので、多分、構想を今から練り始めて、まとまるのは晩秋頃か、と。「ご期待下され」どころか・・読者の皆様にも忘れ去られているかも?

ここ数日、ロト6からもブログからも離れたことで、今週はまた切羽詰まって、何か妙案が浮かぶかも知れませんな。

先週の結果回顧も踏まえて、第446回予想は、明日の晩にUPします。
今週は、昨夜も追記した通りネタ切れ気味。

本意ではないが、裏予想数字12個を公開して、お茶を濁すことにした。

裏予想数字12個
06,09,11,16,18,19,22,24,26,29,33,35

この12個は、表予想とは異なる基準で選択した数字で、時期によっては、こちらの方が当たるかも知れない・・。

表裏合わせて使った数字は24個。43個の半数以上だから・・とヒット数を云々する意図は毛頭ない。

私が思うに予想よりも結果が大事。

予想した数字の個数が多くなればなるほど、ヒット数が多くなる確率が高くなるのは道理。しかし、4等保証の組み合わせでさえ、18個まで絞り込まなければ、購入口数が増えるばかりで、妙味に欠けるどころか、現実的ではない。

北京オリンピック柔道100kg超級で優勝した後、あっさりと日本柔道界に見切りをつけた石井慧選手は、こううそぶいたという。

「強い選手が勝つのではなくて、勝った選手が強い選手だ。」と。

結果を大事にする私は、この言葉に深い感銘を受けている。

が、しかし、気が遠くなるような確率と戦う以上、結果を出すために予想するプロセスに常に進化を求める重要性も認識している。

それは、巧みな数式を考案することでもなく、語弊を恐れずに言えば、普遍的な予想方法に一歩でも近づくことでもなく、いかに運を引き寄せられるかということ。

それ以上の何物でもない。

運を引き寄せるために、前を向いて、上を目指して・・。

さて、正解は何処に?

以上、本日の妄想と独り言でした。
本日は、昨日の記事が、予想数字を挙げただけで、あまりにも安直だったのを補足する意味での現象論の検討等々です。
と申しましても、今日も時間が限られているので、箇条書きで簡潔に。

◆等間隔
 過去2回、等間隔5から出現。
 今回の注目は等間隔10の36・・5+5=10・・なんてどう?

◆○○×○のパターン
 23と35が該当。しかし、23は過去10回中本数字で4回出現。
 23の可能性は低いと見て見送り。35は今一度検討。

◆16-32が揃って出た次回
 嘗ては不仲組の代表も、本数字に限っても過去100回で4回出現。
 その翌回3回分を調べてみると・・。
 
 第371回 14,15,23,24,32,34,B31
 第388回 05,12,14,18,20,31,B02
 第419回 03,12,16,25,32,36,B34 

 本数字で複数出現は12,14,32の3個。

 444回トータルでは・・
 本数字のみ 23>28>39>30>15>17
 B数字込み 23=28>13=17=39>08=22

 過去100回で、だいぶ分布が変わったようで、結論出ず。

◆等間隔で出た数字は、連発期待して買うべし。
 ボーナス込み間隔ながら、16が該当。1口は買う。

◆45度の斜線に乗る±1数字。
 06→05→04・・どうだろう?1口は買う。
 23→24→25・・ふ?む?14分割で25-26-27は旬を過ぎた感も。

◆間チャン数字
 本数字のみでは17が該当・・思い切って捨てる。
 B数字込みでは31も該当・・予想数字12個に入れただけに悩む。

◆セット球
 順当ならIセットとか?前回は第435回。
 結果は 02,11,12,28,35,37,B27

 16-32揃い踏みの次回で2回続けて出ている12が気懸り。
 セット球データの読み方が未熟で、これも結論出せず。

★6分割抜け
 大胆予想ではD(22?28)とE(29?35)がポッカリと抜け。
 A(01?07)とF(36?43)の両端は抜けない。

「これは!」という決め手になるような現象論には欠けているようで、読者様の参考にならないかも知れませぬな。

ネタ切れ気味は承知の上で、私自身、もう一晩よくよく熟考を重ねてみます。いや・・妄想かな?

先週の5等もつぎ込んで10口購入予定。5口は無難に。残りの5口は大胆に。
願わくは予想数字12個の中に、悪くとも本数字が4個入りますように・・。

皆様にも幸運を!
ロト6第445回予想数字
2009-05-12 Tue
22:25
今週も、予想数字12個で3.5ヒットだった先週と同じ選択基準で、いきなり12個に絞り込み。

予想数字12個
02,05,13,20,27,28,30,31,34,36,38,42

うーむ・・パッと見たところでは、今週もそこそこの的中率になりそうな数字が並んだものの、何かね・・最低でも本数字を4個含ませるとなると、もう一捻りの匙加減が必要な印象。

今夜は、仕事疲れのため、これ以上は無理をせず。大まかな数字面の把握に止めます。

明日は、前回の抽せんでも侮れないことを実感した現象論を中心に、今少し踏み込んだ予想から、捨てる数字、補足すべき数字、その他諸々を追記することとさせて頂きます。
抽せん結果 05,13,16,18,24,32,B30

予想数字12個
02,05,10,11,14,16,18,26,29,30,34,39

本数字で05,16,18が3個とボーナス数字の30が的中。
ホッと一息の及第点。

火曜日に予想公開した段階では、「もう少し練った方が・・」と迷いましたが、こんなもんでしょう。追記した削除枠は的外れでしたしね。

4倍数が過去4回連続で出ていなかった裏をかいて、もう1回待ってみようと企んだところが、16,24,32と3個も出てしまった・・。待つんじゃなかった?!

05は前回、ボーナス込み間隔5の等間隔出現でしたから、定石通りに(?)連発狙い、二匹目のドジョウを期待して、間隔5で等間隔の16も買った。これは成功。現象論も侮れませんな。

その16と嘗ては不仲だった32との同時出現が増えてきました。こんなところでも、秘かに平均化が進行中?

数字が多く残っている間隔5には次回も期待。ペア出現も可能性ありかも?

傾向分析としては、ゲイル理論でお馴染みのスマートラックさんのコラムを、もうチト真剣に読んでおけば良かったと、少々後悔。1等口数が多かった理由が理解できるような・・。次も同じような傾向と予測。

あとは気が付く範囲では、下一桁が揃わなくなりましたね。第440回に下一桁9が3個出て、以降の4回はばらばら。これも見方によっては平均化しているということでしょう。

結果回顧はこのくらいで。

実購入の方は買い渋って6口。5口+αの予定が、「ゾロ目の抽せん回には必ず15が出る」なるジンクスに動揺して1口だけ追加して6口。その中から5等が1口。また200円赤が増えたけど、全滅よりはマシと納得。

ロト6第444回5等当選券

大きな勝負をしたくなるようなチャンスはいつになりますやら?
次回も多分、様子見気配です。しかし、マンネリズムに陥ってはいけない。4等を目指して落とし所が5等のレベルから抜け出せなくなってしまう。

連休中にじっくりと読んだ書籍の内容を咀嚼して、より的中率が高い方法へとステップアップするべく、徐々にでも新しい予想を試してみる予定です。

来週も懲りずに・・せめて落とし所が4等になるように頑張って予想するのみ。
本日のお題は分割枠の考察です。

先ずは6分割から。
確率として抜けて然るべきはB(08?14)が断トツで、続いて過去6回抜けていないE(29?35)。Eは数字が集中し過ぎた嫌いもあって、計算通り抜ける確率が高いと見ました。

予想数字12個にはEから29,30,34と3個も選んでますなぁ。一捻りの匙加減がマズかった可能性あり。

過去5回の第一数字平均が7.6と理論値を微妙に上回り過ぎていることから、A(01?07)は多分抜けないでしょう。

Bは判断が難しい。これまた予想数字に10,11,14と3個選択・・うーむ。

何故、判断が難しいのかを説明するために、次に14分割を。
こちらは、どこが抜けるかよりも、どこがホットなブロックになりそうかを予測。

旬の数字がぼつぼつながらも入れ替わり始めている現状から察するに、ホットになりそうなブロックを4つ選択。

(01,02,03)(04,05,06)(13,14,15)(37,38,39)

一応、4ブロック選びましたが、下一桁0?4がやや過剰な時期でもあり、01,02,03はあまり強くは推さず。

6分割Bを削除と判断できないのは、13,14,15が入っているからなのですよ。しかも、波の荒い13と15が最後のボーナス数字で残っていることを考慮すると、尚更、迂闊には削除に回せない。計算通りにはいかないものですしね。

6分割F(36?43)の前半組である37,38,39は、後半組の40番台と入れ替わるように、ぼちぼち活性化し始めるのでは?

最後に番台抜けは、どう計算してあがいてみても結論が出せず。場合によっては番台抜け無しもまだまだ許容範囲内。確率上は勿論、10番台が最も抜けるべき。しかし、所詮443回程度の抽せんでは、どう計算してもデータ通りという訳にも参りません。

むしろ、上の14分割で活性化しそうなブロックから判断したら、前回3連番が出た20番台が抜けるという読みも否定できませんな。

昨日の予想を一晩寝かせてみて、今一度、各種データを見直してみたものの、どうも抽せん前夜に至ってもピンとくるものがない・・。

従って、この内容では面白くも何ともないでしょう?

そこで、相互リンクでお世話になっている週一ランナーさんから、以前、頼まれて作成した集計表から目ぼしいデータを・・。対象となる数字は10個。

07,12,25,28,29,31,32,33,36,37

算出式は至って簡単ですが、なかなか味のあるデータですよ。この10個からは出ても3個が限度・・つまり、この中の数字を4個以上含む組み合わせは、お勧めできません。何回かシミュレーションを試みた結果でも確かなようです。少しは参考になりましたでしょうか?

こんな調子では、とても大きな勝負に出る気はなし。5口+αの思いつきに止めます。少し荒れてくれると、面白いんですがね。5月最初の勝負は様子見加減で。

例の動物占いでは、珍しく木曜日に金運で五つ星満点が出ましたが・・どうでしょう?迷うなぁ。

動物占い(R)2009/05/07

やっぱり、もう一晩よくよく考えてから・・。何せ、明日は5連休明けの仕事始めで、ゴタゴタするでしょうしね。という訳で、当日の妄想と独り言は来週から復活します。

うーむ・・買い渋っても、運良く当たってくれないかな?
変な欲だけは人一倍で・・。

皆様にも幸運を!
ロト6第444回予想数字
2009-05-05 Tue
21:10
月末の多忙で、予想数字公開当日に前回のデータ更新を済ませて臨んだ前回とはうって変わって、今週は体ばかりでなく、頭も休め過ぎて、データを眺めても何かピンと来るものがありません。

ま元々、鋭い閃きが期待できる方じゃないけど・・。

で、何か刺激になりそうな材料はないかと思案していた最中に、書店で見掛けて「面白いかも?」と感じた一冊。

ロト6&ミニロト実践購入術―1等当選を目指す人のためのサポートマガジン (MSムック)

内容は・・ロト6に関しては下記の通り。

第1章 基礎編 基本的5つの必勝パターン
 1 出現周期データ活用術
 2 番台別出現データ活用術
 3 下一桁データ活用術
 4 数字間データ活用術
 5 43回周期出現データ活用術

第2章 応用編 スキルアップ応用データ
 1 ヒキ・ズレ数字
 2 2数字のユニット相性
 3 3ユニットの相性
 4 連番の発生箇所と傾向

第3章 実践ロト6推奨出目100通り

うーん。誰も気づいていない目新しいデータ項目はありませんが、上のデータを、添付のCD-ROMに収録した1つのエクセルファイルで管理して、推奨出目まで算出できるというのは便利。

実は、私のデータ管理は複数のエクセルファイルをリンクさせて、一部手動のままになっているため、とても感心。詳細なマクロコードを見てみたくて、本来の目的とは別に購入するに至りました。

しかし、1回実行しただけでも、複雑なコードなのか・・恐ろしく時間がかかります。フリーズしたんじゃないかと勘違いする位・・。

さてさて、肝心の予想ですが、確率論では厳しい時期だし、勘や閃きは・・まだまだ。一応、出現回数と間隔データを一捻りの匙加減で12個に。

予想数字12個
02,05,10,11,14,16,18,26,29,30,34,39

うーむ、我ながら完成度が極めて低い感触。

先週は21,22,23の3連番が出ました。旬の数字も確実に入れ替わっている。

その辺を6分割、14分割データの考察、できれば大胆な抜け予想も加えて、明日、追記する予定です。一晩寝かせてみたら、全然違う数字を選んでいるような予感もありです。

それにしても・・何事も「基本に忠実に」って大事なんですな。
抽せん結果 06,10,21,22,23,35,B05

予想数字12個
02,03,05,14,15,16,27,30,34,35,41,43

補足数字4個
12,13,25,28

本数字で35が1個だけとボーナス数字が的中。
うーん・・。16個も数字を挙げておいて1.5ヒットでは・・このまま不振が続くと、削除数字予想サイトにされかねませんな。参りました。

動物占いを引っ繰り返してやろうと、ムキになって購入した15口は全滅。2ヒットもチラホラの惨敗に終わりました。また、3,000円赤が増えましてねぇ・・。

結果回顧を。

まさか、この時期に20番台から3連番が出るとは想像もできませんでした。各々の数字が強い間隔データも全く参考にならず。つまりそれは、ある部分では理論値に収束すべき方向が停まっていないことを意味しているのでしょうね。

今回のように、直感や第六感で選んだ"クサイ数字"(のつもり)では全く通用しない。確率論もきめ細かくデータ項目を組み合わせないと精度が上がらない。

何か新しい方法を考えるなり、流れの読み方を変えないと、マンネリ化したままでは、次回も期待できる材料に乏しい。現実は厳しいですなぁ。

動物占いが見事に的中してしまった結果に唖然呆然とするしかありませんが、幸いにも連休中で、次回は予想に十分な時間が費やせそうな点だけが微かな望み。

早々にデータ更新をして、次に向かいます。

負けても、懲りずに買い続けるのみ。
続きを読む...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。