2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の予想も前回に引き続き、過去43回の抽選で当選した本数字の累積回数を中心に考えてみたいと思います。

過去43回(第322回?第364回)の累計当選回数は下記の通り。
2回(1個) 30
3回(3個) 02,21,43
4回(6個) 18,32,33,35,40,41
5回(6個) 09,14,17,22,24,29
6回(9個) 01,04,16,23,25,27,28,31,37
7回(8個) 03,10,11,13,15,19,20,38,42
8回(6個) 07,12,26,34,36,39
9回(2個) 05,06
10回(1個) 08

見たところ、前回抽選の結果、かなり平均的な分布に近付いてきました。先週の予想記事にも掲載した第1回?最新回までの各43回区切りでの累積当選回数の平均は下記のようになっています。この図も所詮は、たかだか364回の抽選結果を反映したものに過ぎません。
2回以下(2個) ●●
3回  (3個) ●●●
4回  (6個) ●●●●●●
5回  (8個) ●●●●●●●●
6回  (8個) ●●●●●●●●
7回  (6個) ●●●●●●
8回  (5個) ●●●●●
9回  (3個) ●●●
10回以上(2個) ●●

このまま抽選が1,000回、2,000回・・と続けられた場合、分布がどのように変化していくかは推測の域を出ませんが、一つのモデルとしてエクセルのRAND関数による1,000×3=3,000回のクイックピックを実施したデータを分析してみました。3,000回といえば、年約50回の抽選として約60年分になりますね。その頃までロト6は残っているでしょうか?

1,000回毎の各データでは、分析した統計量(平均値、上限値、下限値、中央値、最頻値)に極僅かながら開きが見られましたので、1,000回抽選を繰り返した程度では、5項目の統計量に有意差が認められる可能性があります。クイックピックによる試行を繰り返したいのはやまやまですが、現段階では(個人的都合により)不可能なため、3,000回試行すれば有意差が認められなくなるという前提で話を続けます。その平均値の結果は下記のようになりました。
2回以下(2.2個≒2個) ●●
3回  (3.5個≒3個) ●●●
4回  (5.5個≒6個) ●●●●●●
5回  (7.3個≒7個) ●●●●●●●
6回  (7.7個≒8個) ●●●●●●●●
7回  (6.4個≒6個) ●●●●●●
8回  (4.7個≒5個) ●●●●●
9回  (3.0個≒3個) ●●●
10回以上(2.7個≒3個) ●●●

小数点以下を丸めるのに苦労する部分もありましたが、概ねこのような分布に収束していくと推測できます。実際行われた364回の抽選と大差ないように見えますが、細部に至って比較すると5回と10回以上に各々1個ずつの差が生じていることが分かります。

収束していくであろう分布は分かりましたが、これを実際に予想に生かすためには一工夫が必要です。二者択一に限ってしまえば、平均的な分布に戻るのか、分布が崩れるのかに分かれます。前々回から前回の抽選では平均的な分布に戻る傾向が顕著でした。

今回もこの傾向が続くと信じて、予想の実践です。一見入れ替わりが激しく、一回の抽選で分布が大きく変わると思われがちですが、大まかに分けると5?7回の中央付近とそれ以外(4回以下+8回以上)では、大体の個数が決まっています。01?43数字の丁度半分に当たる21.5個ずつになります。ところが一番上の図に示した通り現状では5?7回が23個で、それ以外が20個あります。平均的な分布に戻るためには5?7回が1個減り、22:21になる必要があります。

今回(第365回)の抽選で当選しないと累積回数が減ってしまう数字、つまり第322回の当選数字18,19,22,25,35,42から予想してみます。おっと!困りましたね。22と25は同時に出ない、19と42はどちらかが出ると予想すると、平均的な分布に戻りますが、ここも二組が二者択一になってしまいました。他のデータ(予想の素)を参考に22を選択、19と42は決めきれないので両方選択。18と35は同時に出る可能性あり。

8回からも2個当選すると仮定して34と39を選択。05,06,08の3個は今暫く狙い目として入れざるを得ません。19か42の一方が出なかった場合を考えて7回から10を、18と35が同時に出なかった場合を考えて32を選択。これで12個出揃いました。

いやぁ?、「確率通りに出りゃ苦労しないよ!」という当たるかどうかも怪しく面倒くさい計算を最後までご覧になった皆様、本当に本当にお疲れ様でした!ブログに馴れてきたら、今後はもっと分かり易い図表を参照していただけるように努力します。

05,06,08,10,18,19,22,32,34,35,39,42

推奨組み合わせは今回も5口です。予想方法と多少矛盾する組み合わせも含まれていますが、ご容赦を・・。
(1)05,10,22,32,34,39
(2)06,10,22,34,35,39
(3)05,08,18,32,35,39
(4)10,18,19,22,32,42
(5)08,10,18,22,32,39

自信は?長々と書いた割りにあまりありませんね・・・。
Comment

コメント非表示

Track Back
Track Back URL
≫≫  http://bestgamblers.blog120.fc2.com/tb.php/16-6378ea89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。