2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロト6第410回予想数字
2008-09-02 Tue
22:30
今週から3回は、新らしい予想方法のアルゴリズムを組み立てるまでのつなぎでアナログ予想を公開します。別に特段変わった予想ではなく、要するに確率論と現象論を組み合わせた従前の方法です。

先週、出現数第2位グループの17と36が出てしまったことで、どうもこのデータから導き出した確率論は芳しくない時期と見ています。少なくとも出現数の階級幅だけで上位の数字は出ませんよとは安易に断言できない。むしろ過去3回で下位グループから32が1個出たに留まっているのが気懸りです。

一応、目につくのは下一桁3の乱発が沈静化して、下一桁5以外にシフトし出した程度か。

前回の予想で「6倍数はそろそろ止まるべき」と指摘しておきながら、2個出てしまった・・確率通りには出ない根拠ともなりまして・・。矢張り芳しくない。

ならば、と現象論を見てみれば。

間隔データで等間隔の22と43は捨てるに捨てられずに買いに。

間隔0で前回から連発は28がほぼヒットゾーンに。3連発なるか?

前回±1数字は弱いながらも、既に不振時期を脱しつつある模様。-1から12、+1では26,29が狙い目。6倍数が入ってしまったか・・。

特定の間隔に強い数字は03と16が目立つ程度。

出現数上位が出続けるという仮定で11,27を選択。

コールドは無理には追わず。それでも嫌な間隔に入りつつある21と40を最後のボーナス数字から選択。

これで12個出揃いました。

予想数字12個
03,11,12,16,21,22,26,27,28,29,40,43

何と30番台抜けに、26-27-28-29の4連番が入りました。

例の42組の組み合わせでは12,26,27,28,29,43というのが一口あります。大穴狙いで買ってみましょうね。

その他、ベースラインに戻ったらしいスーパーホットナンバーについて、明日また追記します。
Comment
「現象論」
はじめまして。
ロトくじブログ【伊藤くん日記】を運営しております「伊藤くん」と申します<(_ _)>
こちらのエントリで「現象論」という言葉と説明を見て、自分が数字予想をするときの方法が「現象論」であるということに気づく事が出来ました。
これまでは自称「オカルト的」と言いつつも、しっくり来ない感覚があったのですが、「現象論」と位置づける事ですっきりと整理できたような気がします。

亀吉さんの解説は分かりやすく、とても参考になります。

新しい予想アルゴリズムにも大変期待しております。
構築作業、頑張ってください!

それでは、今後、お互いに高額当籤できるようお祈りしております!
from:伊藤くん URL  2008-09-03 Wed 13:20 [ Edit ] 
はじめまして
伊藤くん(さん)、いらっしゃい。敬称がダブると変なので、以下、敬称略とさせて頂きます。

「現象論」は私の発案ではなく、確かじゃむさんのgooブログで拝見して真似たのが始まりと記憶しています。

そうそう、ゲイル理論が「理論」と称することに対する批判のご意見でした。

ゲイル理論は統計的なデータを独自の方法で解釈する予想で、どちらかといえば、私も現象論と称するのが適切だと共感しました。

ゲイル理論だのロトマスターだのと固有名詞を持ち出すと、何やら著作権絡みで面倒臭いようで、敢えて現象論と括っていますが、まあ同じような考え方で解釈が違うと申しますか・・。

5年以上も予想を続けてきて感じる率直な感想として、オカルトと称されるような方法もなかなか侮れません。ただ、私個人の意見としては、オカルトは予想の柱にしたくない、なり得ないという思いがあります。

柱にすべきはやはり左脳派らしく計算で。そんな訳で、第413回からは新しい方法を公開しようと準備に励んでいます。

伊藤くんの絞り込み数字の個数には大いに共鳴しています。やたらと予想数字の個数が多い上に、3個的中と5等的中を混同しているサイトがなんと多いことか。

これからも少ない予想数字からのハイリターンを目指して頑張りましょう。

ご訪問、どうも有難うございました。
from:亀吉 URL  2008-09-03 Wed 20:30 [ Edit ] 
現象論
亀吉さん、お疲れです。

更新があると毎回必ず読んではいるのですが、
コメント書くのは、どうしても、
苦手なので(笑)

マイブログ以外でコメント書くことじたい、久しぶりであります(笑)


ゲイル理論は、現象論ですね。
いずれ、ゲイル理論研究というカテゴリで、
記事におこそうとは思っていますが、
他にやりたいことが多くて、
手が回りそうにないです(笑)


ナンバーズとロトに関して、
新情報ありです。
これについては、メールしますね。


Google Chrome、閲覧するだけならば、
動作も軽快で、なかなかよいですね。
ただ、Firefoxのアドオンなどなどに慣れていると、
拡張機能が今のところ使えないので、
その点、不満・不便です。

不可解なのが、FirefoxのMozillaに、Googleは出資してるのに、
なぜ、ブラウザをリリースする必要があるのか、ということです。
もしかしたら、将来的には、一本化を考えているのかもしれませんね。

あと、どうやら、Chromeは、携帯のウェブブラウザとしても、
利用する方針のようです。
これからは携帯サイトの開拓が、
利潤への道、ということなんでしょう。


新予想方法、かなり期待してます。
from:じゃむ URL  2008-09-04 Thu 02:15 [ Edit ] 
MSのやり方
じゃむさん、苦手なコメント投稿を頂きまして恐縮です。

ゲイル理論研究のカテゴリーがどのような内容になるか興味津々です。

新しいアルゴリズム用のファイル作成に3週間も要するのは、8月末で締めた会社の決算報告に手間取るという事情がひとつありますが、実は買い替え前に使っていたOffice2002と2007の互換性が著しく悪くなったことも影響しています。

数式やマクロのコードは変わりませんが、細々としたところで、2002では簡易だったコマンドが複雑に細分化されてしまっていて、使い勝手に順応できていません。その為、いちいち調べ直す必要があり、時間が余計にかかります。

OSやアプリケーションをバージョンアップさせて、ある時期からは買い替えざるを得なくする、それがMSのやり方だとは分かっていますが、ユーザーが一様に歓迎しているのかどうか?

Firefoxを後押ししながら、Google Chromeを独自に開発・リリースした狙いはGoogleがMSとMozillaの中間的な存在としての位置づけで覇権を握ろうとするあたりにあるのではないでしょうか。

いずれにしても、ユーザーにとって好ましい将来を描けていれば、それに越したことはないのですが・・。

新しい予想方法は予想数字の個数や範囲も含めて、大幅に見直す方向で考えています。ブログ1年目は結果が伴いませんでした。2年目も同様では淘汰されてしまいかねず、何らかの形で運や波に支配されない方法を構築していかなければと考えています。
from:亀吉 URL  2008-09-04 Thu 09:54 [ Edit ] 

コメント非表示

Track Back
Track Back URL
≫≫  http://bestgamblers.blog120.fc2.com/tb.php/181-f1fd5ee6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。