2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抽選摘出順データの解釈
2008-01-21 Mon
14:52
本日のお題は『電動撹拌式遠心力型抽選機 夢ロト君』から摘出された球の順序を基にしたデータ解釈です。

※この記事で使用した抽選摘出順データは下記のサイトからご提供頂きました。
■ロト6予想ブログcogito,ergo sum-神はさいころ遊びをしない 2nd
■ロト6 当たり屋 物理的攻略サイト


ご承知の通り、新聞やネット上で発表される抽選結果は小→大の順に昇順ソートされており、実際の抽選で摘出された順序とは異なります。例えば先週抽選があった第377回の結果が新聞やネットの発表では02,03,08,20,21,24,B13となっていますが、実際の摘出順では02,20,24,21,03,08,B13でした。

ロト6関連のサイトで抽選摘出順データを掲載しているサイトはあまり多くありません。確かに当選数字というものは、昇順ソートして初めてデータ化する意味を持つケースが少なくないともいえますね。

特に確率統計的なデータ分析・解釈を試みる場合は、昇順ソートして数字の位置づけを明確にした方が扱い易い事情もあります。確かに昇順ソートしていないシークェンスは扱い難いですからね。しかしながら、データ分析から「偏った傾向」を見出して、偏りが理論値なり平均値に収束する方向を予測するという解釈に於いては抽選摘出順データも変わりません。

先ずは抽選摘出順統計量をご覧下さい。クリックで画像が拡大され、拡大された画像をクリックまたは右上の×印をクリックすると元の大きさに戻ります(以下同じ)。

LT6ORDER-STAT-377

昇順ソートしたデータでは第一数字(最小数字)として当選し易い数字の順位が決まっています。この理屈をご存じない方は『独り言ロト6予想』さんの各枠別確率順位をご参照下さい。ところが、摘出順では01?43まで当選する確率は変わりません。摘出1個目に01が出る確率も43が出る確率も基本的には同じ1/43です。

基本的には同じ確率なのに、摘出順によって出易い数字と出にくい数字があり、各枠とも厳密な平均値である22に完全には収束していない結果が出ています。MODは最頻値、MEDは中央値を表しています。VAR(分散)は正確には不偏分散と呼ばれる統計量で、ばらつき具合を示す相対的な指標とご理解下さい。数値が大きければそれだけばらつき(振れ幅)が大きいことを示します。

ただし、この統計量を見た段階では抽選回数が377回とまだ少ないこともあり、ある程度の偏りが生じるのは当然で、予想に生かす価値はあまり見当たりません。そこで、10回の抽選毎に平均の平均を求めて時系列での推移をまとめたのが次の表です。

LT6ORDER-377

注目すべきはMAX(最大)とMIN(最小)です。例えば摘出1個目では最大が35.4、最小が9.8となっています。ここまで上下動しても、抽選が繰り返されるとやがて厳密な平均22に収束していきますから、偏っている時期こそ予想に生かすチャンスです。過去10回の平均が35.4の時は次回以降小さ目の数字が、9.8の時は大き目の数字が出易くなると解釈できます。逆にいえば、このデータは偏りが小さい時期の傾向分析には適していません。

過去10回の平均に偏りが見られず、次回以降の傾向が読めない時期でも見方を変えれば、摘出順データを生かすことができます。下記の表をご覧下さい。

LT6ORDER-377

この表は摘出順別の各数字当選回数を表しています。例によって、ここでもボーナス数字のデータは扱いません(二等以外は用を成さないボーナス数字を狙いに行っても仕方ないでしょう?)。ここで摘出順により数字が偏る実態を把握できます。各枠の平均値は377/43≒8.77回です。例えば数字01は1回目摘出で12回と多く、4回目摘出では6回で平均以下のように読みます。

数字の色が変わっているのは、この表の解釈方法の一例です。赤い数字(9回)は平均8.77回に最も近い回数、緑色の数字は摘出順各枠に於ける当選回数が最小の数字です。これらの数字に着目しているのは、現在の抽選回数から判断して、最も出易いとの解釈で、決して厳密なものではありません。ご覧になる方によって「頻出パターンは買い」で「平均以上を買うべし」という解釈をされる方がいても不思議はありません。各数字の枠別当選回数が平均値に収束しつつも上下動を繰り返す揺らぎの中にあるとの解釈から、私は敢えて平均付近と最小に着目しています。いわゆるヒットゾーンですね。

その色が変わった当選回数が数字別に何個あるかを集計したのが右端のSCORE欄です。これは当選回数累計(総出現回数)で数字36が平均(52.6回)を大きく上回る65回当選しているから、今後は当選比率が下がるはずだとする解釈とは全くの別口データです。その数字36が摘出3個目では9回当選でヒットゾーンに含まれています。

SCOREが高い数字はいってみれば、過去の当選回数に関係なく「出るべくして出てしまう」確率が高い数字と解釈できるでしょう。32や10が当選した際にはぜひ思い出して下さい。

ただし、抽選摘出順データも数あるデータの一項目に過ぎません。これまでも指摘してきた通り、単独のデータ解釈に頼ることなく、データが偏る時期を待って使うべき時期に適切に予想に取り入れることをお勧めします。

明日の晩には第378回抽選予想をUPする予定です。

Comment
計算ソフト?
亀吉様どうもです。
亀吉様はロト予想バトルには参戦しないのですか?
亀吉様は計算ソフトは自分で作れますでしょうか?計算ソフトっていっても、この前に言ってた抽選数字7個を大きい方から順に引いて21通りと足して21通りの答えを出すってだけのものですが・・・なんせ頭が悪いもので小学生レベルの話なんですが・・・
そういうソフトは簡単に作れるものなんでしょうか?
毎回、抽選数字を入れるだけで42個の答えを出してくれて、更に複数の答えがある場合+どうしやーどうし、または+-で答えが一致してるものと自動的に振り分けてくれるソフトを作りたいのですが・・・・
これを調べてもカオス?偏りやバランスを見る事が出来ると思うのですが・・・?
こういうソフトを依頼して作ってくれる会社ってあるのでしょうか?お金はないんですけどねv-12
from:週一ランナー URL  2008-01-22 Tue 13:04 [ Edit ] 
簡単ですよ
週一ランナーさん、その±で42通りの計算だけならエクセルで簡単に作成できますよ。何なら見本をつくってお送りしましょうか?毎回の当選数字7個を入力すると組み合わせが表示されるだけで良ければ。
私は予想バトルは遠慮してます。参加しようかなぁと考えた時期にブログを始めましたしね。恥さらしたり、自慢するのは自分のブログだけで十分スよv-12
今夜、予想記事を投稿した後で、エクセルで式を入力して試してみます。42通りの表示だけなら、多分、10分足らずで終わるんじゃ?
買うほどのものでもないですよ・・きっと。その分、ロト6を買いません?
from:亀吉 URL  2008-01-22 Tue 14:14 [ Edit ] 
1回目から全部計算したいと思ってました。
これからの研究にはぜひほしいですね~。
それを進化させて、さっきも記述したように
同じ答えが複数出る事がポイントでして複数出たものが次回、又その次の回にどう影響を与えてるかを調べています。複数出た答えを振り分けられると尚いいのですが・・・ってまだエクセルの使い方も知らないのですが勉強しますです。最近のものは表を作って計算しましたが結構、骨が折れます。
from:週一ランナー URL  2008-01-22 Tue 18:09 [ Edit ] 
質問
週一ランナーさん、だいたいの形はできましたが、チョイと質問・・当選数字どうしを足す21通りの組み合わせで43以上になってしまった場合、引く21通りの組み合わせでマイナスになってしまった場合はどうなりますか?先週の結果では20+24=44と21+24=45で43以上、B数字が13だったので、13-24=-11と13-21=-8と13-20=-7がマイナスで、43以上が2組、マイナスが3組の合計5組問題児(?)発生しています。

第1回から見た限りでは・・相当数の問題児が発生中ですな。

組み合わせた数字が重複しているケースはあまり問題ないと思います。何個発生して、その内の何個が当選したかもそれほど難しくありません。
従って・・問題は・・問題児をどう処理するかですよ。ご意見を聞いてから先に進めます。それより、自分の予想も早く投稿しなきゃ・・チト焦ります。
from:亀吉 URL  2008-01-22 Tue 21:17 [ Edit ] 
亀吉様お疲れさまです。
43より大きい数字も、そのまま出します。
そのうち何かしら作用してるかも知れないので・・・今は分かりませんが・・・
マイナスはボーナス数字も本数字に入れて下さい。24-13=11,21-13=8,20-13=7となります。
377回では複数の答えは
ーが1,5,11,18
+は23
+-では21,22,16,10
が出て来ます。
はずれる事はもちろんありますがーの答えが複数あるものが次回の抽選数字の差となる事が多いようです。横の間隔では最低が1とします。(例~1,2は0間隔ではなく2-1=1で1の差、1間隔とします。)
なので今回、自分は差、若しくはーの答えが1,5,11,18とあと日付けの24をいれて組み合わせを考えております。
自分の記事でも書きましたが、24の場合
34-10とか25-1とか32-8などと選択しています。
後は総数は分かりませんが、抽選数字の中に含まれる合計数も調べていまして、これも7割の確率なのでなんとも言えませんが、
378回には足して87になるもの、若しくは90になるもの、またまた133になる組み合わせがあるのではとみております。大きい数字になってくるとあやふやですが・・・
いちを87か90は覚えておいて下さい。
結果ボーナス数字が含まれたとしても組み合わせを考える上では必要です。
from:週一ランナー URL  2008-01-23 Wed 08:19 [ Edit ] 
途中経過
週一ランナーさん、お疲れ様です。
エクセルで抽選結果と式を入力してみて、「視覚的に見るだけなら」という段階まではできました。が、まだ±の42通りがごちゃ混ぜになっていまして・・これを+の21通りと-の21通りに分割するまでは簡単・・しかし並べただけでは横幅が広いシートになって見るのに苦労する・・lookup関数で抽出して、別のシートに発生数字と当選数字をまとめる・・そして体裁を整えて、抽選結果を入力するだけのフォームに完成する。lookup関数で抽出する以降の作業はいくらか時間が必要です。

±で複数発生しているのは
2個が1,10,16,18,21,22,23
3個が5,11
ですね。+と-、或いは±重複に振り分けるのは簡単です。1個だけ発生は20個、足して43以上になるのが2個で間違いありませんね?
こういう計算はエクセルに頼ると早い。377回分もあっという間にできます。

今日は給料日前で、午後から何やら忙しいので、月末月初の時間がある時に続きをいじってみますね。多分、ご希望のものができると思います。
from:亀吉 URL  2008-01-23 Wed 12:02 [ Edit ] 
申し訳ないです。
後、色分けなんかも出来るのでしょうか?
やっぱりーは水色っぽい色で+はピンクやうすい赤っぽい色なんかに・・・
イメージ画像、自分のブログに載せておきます。
from:週一ランナー URL  2008-01-23 Wed 13:38 [ Edit ] 

コメント非表示

Track Back
Track Back URL
≫≫  http://bestgamblers.blog120.fc2.com/tb.php/72-8a9227da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。